二月 16

Red Bull Music Academy WorkShop Session × メトロ大學

2015年の開催地、フランス・パリへの参加者を募るワークショップ&イベントの一環として、2月16日(月)デジタル・カルチャー、新映像の分野におけるフランスの創造性にスポットをあてたフェスティバル「デジタル・ショック」、更には京都のアーティストエージェンシーGranulrとの合同イベントを京都METROにて開催。

 

出演は、今最も注目を集める気鋭のフランス・エレクトロニック・ミュージック・グループEgyptology(Domotic + O.lamm)をはじめ、ここ数年で最もジャンルレスにラディカルな活動を続けるバンド「ボアダムス」の元メンバーにしてスーパードラマーとして君臨する千住宗臣、そして日本を代表する電子音楽家AOKI takamasa、新世代クリエイターとして音楽面だけでなくカルチャー面からも話題を集める時代の寵児Seiho、Metomeら世代を超えて支持される才能溢れるミュージシャン達が競演!

 

そして、世界で活躍するアーティスト本人から貴重な話を聞くことができるワークショップ(レクチャー)には、青木孝允とSeihoのクロストークをDJ/音楽ライターの荏開津広をモデレーターに迎えて開催する。アカデミーの醍醐味である“レクチャー“を体感しながら、「Red Bull Music Academy Paris 2015」の応募詳細についての話を聞くこともできる一夜となる。レクチャーは限定招待制となっており、参加者はその後のイベントへもドリンク代(¥500)のみにて限定ご招待。ご招待は予定人数に達し次第終了となるので、下記要項にてお申し込みを!

 

日 時:2015年2月16日(月)
イベント OPEN/START 20:30 
レクチャー 18:30-20:30 (限定招待制)
会 場:METRO (京都)
料 金:前売¥2,000 ドリンク代別途 当日¥2,500 ドリンク代別途
ご予約・お問い合わせ : METRO 

 

第1部:Red Bull Music Academy WorkShop session × メトロ大學
講師:AOKI takamasa × Seiho
Guest interviewer:荏開津広 (DJ、音楽ライター、東京芸術大学・多摩美術大学・京都精華大学非常勤講師)

第2部:Red Bull Music Academy × Digital Choc × Granulr Agency
出演

LIVE:Egyptology(from FRANCE) + 千住宗臣(Para、ex-Boredoms) / Seiho / Metome / Rem Kina

DJ:AOKI takamasa / Hal Udell × Masahiko Takeda / Tatsuya Shimada(night cruising)

 

共催:アンスティチュ・フランセ日本
協力:ビューローエクスポート

 

【レクチャー応募要項】*応募締めきりました!

※応募者の中から先着で、ドリンク代(¥500)のみにて限定ご招待。
※レクチャー参加者はイベントへも無料ご招待いたします。
『2/16 AOKI takamasa / Seiho RBMA レクチャー参加希望』として、参加希望の方の全員のお名前を明記の上、メールはこちらまでメールをお送りください。
※ご招待は予定人数に達し次第終了致しますのでご了承ください。
※当選された方は必ずご参加いただけますようお願いします。

 

AOKI takamasa (raster-noton / op.disc / A.M.)

1976年生まれ、大阪府出身。自身にとってのファースト・アルバム「SILICOM」をリリースして以来、自らの方法論を常に冷静に見つめ続け、独自の音楽表現の領域を力強く押し拡げる気鋭のアーティスト。2004年~2011年はヨーロッパに拠点に制作活動、世界各国でのライブ活動を行い、国際的に非常に高い評価を受けている。2011年に帰国し、現在は大阪在住。
これまでにPROGRESSIVE FOrM、op.disc、fatcat、raster-noton、commmons等、国内外の人気レーベルからのソロ作品や、過去には高木正勝とのユニットSILICOM、Tujiko Norikoとのコラボレーション・アルバムもリリース。また、坂本龍一、半野喜弘、サカナクション等のリミックスやエンジニアとしてBUN / Fumitake Tamuraらのミックスも手掛けている。音楽活動の他、写真家としても精力的に活動中。2013年よりグラフィックデザイナーMAAとのハイブリッドデザインプロジェクト 『A.M.』を始動。

 

 

SEIHO

アシッドジャズが鳴りまくっていた大阪の寿司屋の長男にして、2013年、中田ヤスタカらと並びMTV注目のプロデューサー7人に選出され、Sonar Sound Tokyoに国内アーティストとしては初の2年連続出演(2012/2013年)、Mount Kimbie、2 Many DJ’s、Capital Cities、Disclosure、Flying Lotusらの日本ツアー・オープニングまたは共演、そして同郷Avec AvecとのポップデュオSugar’s Campaignでも注目度↑↑↑のビートメイカー兼DJ兼プロデューサー。自身が主催するレーベルDay Tripper Recordsより1stアルバム『Mercury』(2012)、2ndアルバム『Abstraktsex』(2013)をリリース。2014年2月にはブルックリン拠点Obey City(LuckyMe)とのスプリットEP『Shochu Sounds』をPerfect Touchよりリリースしている。また、他アーティストへのプロデュース/リミックス・ワークとして、Les Sins(Toro Y Moi)、YUKI、東京女子流、パスピエ、KLOOZ、Ryan Hemsworthなどを、また、CM音楽やTV番組のサウンド・プロデュースなども手掛けている。

レーベル・サイト http://daytripperrecords.com/