一月 21

Various Assets – Not For Sale: Red Bull Music Academy Tokyo 2014

2014年秋、Red Bull Music Academy Tokyo 2014 で生まれた音楽35曲のコンピレーションをリリース

昨年の秋に1ヶ月間に渡り東京で開催されたRed Bull Music Academy Tokyo 2014では、世界中の才能豊かなアーティストたちが特別に用意された渋谷のスタジオ・コンプレックス内に集まり、24時間オープンの8つのスタジオで様々なアイデアやサウンドを共有し合った。最新の機材がそろったメインスタジオでは、James Holdenや、Michael Jacksonのストリング・アレンジを担当したBenjamin Wright Jr.、そしてBBC Radio 1のDJ、Benji Bのストリング・アンサンブル・コラボレーションに関わった指揮者Grant Windsorなどによるチュートリアルやセッションが行われた。

 

スタジオチームとして招かれた各シーンを代表するDorian Concept、Om’Mas Keith、Carl Craig、Mathew Jonson、dBridgeなどは、参加者たちへアドバイスをしながら彼らとコラボレーションを行った。ヴォーカリストたちは複数のスタジオを行き来し、ビートを刻みながら一晩中意見交換をし、たくさんのマジックを生み出した。これらの活動を通して生まれた約3時間におよぶ『Various Assets』は、ただのトラックの詰め合わせではなく、自分のアイデアを未知のものへ変えるという、Red Bull Music Academyのコンセプトを体現しているオリジナルトラックの結晶である。

 

そして今年の『Various Assets』に収録されているトラックの大半は、開催地「東京」からインスピレーションを受けた作品になっている。例えば「Tokyo Is Calling」は日本古来の木管楽器のメロディーに鋭いエレクトロニック・ビートを組み合わせた日本人、英国人、オーストラリア人、南アフリカ人、アルゼンチン人によるコラボレーショントラックで、その他にも地下鉄の駅名がタイトルに用いられた、Felix、Krizzli、Branko、Dre Skullによるフットワーク/ダンスホール的クラブトラック「Omotesando」などが収録されている。グローバルの取り組みでありながらもローカルに光を当てることで、各国で開催されるアカデミーの特徴を色濃く表現している。

  

2014年の東京が生み出したサウンドを聴いて興味を持った方は是非、フランス・パリで行われる Red Bull Music Academy 2015 Paris に応募してみてほしい。大舞台でのプレイ経験やアルバムリリース経験、またシンセの扱い方を知らなくても、アイデアを生み出し、シェアしたいという気持ちさえあれば、Red Bull Music Academyへの参加は可能だ。 

 

 

Various Assets – Not For Sale: Red Bull Music Academy Tokyo 2014

ダウンロード: http://va.redbullmusicacademy.com/

 

Tracklist — CD 1

1.1. Omotesando — Felix, Krizzli, Branko & Dre Skull
1.2. KYMA — Blinky Bill & Parachute Pulse
1.3. Stampede — Deltatron, Nightfeelings, LAO, Lafawndah & Ekali
1.4. Forever Breakfast — rj & Bienoise
1.5. Voyage — Douchka & Parachute Pulse
1.6. Fuji — Deradoorian
1.7. The Bog Song — Mimu Merz & Daniel Limaverde
1.8. Female Receiver — Wild L8 Unpluggers
1.9. RBMA Chop Up (Edit 1) — Fred
1.10. Edge — Parachute Pulse, Never Sol & Ah! Kosmos
1.11. Brap (Instrumental) — Krizzli
1.12. One — Deradoorian, Nightfeelings & Dorian Concept
1.13. Kind of Aquarian — Tollcrane & Ipek Gorgun
1.14. The Mayor’s Daughter — Mickey de Grand IV
1.15. Gundam Funk — Amuro & Rei
1.16. Kairos (Short Version) — Ipek Gorgun
1.17. Convict — Ky Oh

 

Tracklist — CD 2
2.1. On Me — Ekali, Dorian Concept & Om’Mas Keith
2.2. Dumplings — Valesuchi & Mark Maxwell
2.3. Move — Lewis Cancut & Blinky Bill
2.4. Tokyo Sunrise — Arenov & Tollcrane
2.5. Indecision — Summer Disbray & Branko
2.6. ? — Nightfeelings, Torus, MMMOOONNNOOO, Ossie, Zebra Katz & Xosar
2.7. Latenight Munchies — Kadhja Bonet, rj & Mark Maxwell
2.8. Tokyo, October 23rd 2014 (Part 1) — Bosaina
2.9. Nobody — L8tin Around
2.10. GYROCYRE — Xosar
2.11. I Need It So Much — Tomo Jacob, sauce81 & Hiroaki OBA
2.12. Special Place — Deltatron, Nightfeelings, Mickey de Grand IV & Lafawndah
2.13. Cold Intuition — Krizzli & WIFE
2.14. Starlight — Palms Trax, Mickey de Grand IV & Larry Gus
2.15. Finally — Boody
2.16. Tokyo Is Calling — Haioka, Laura J Martin, Summer, Plasma Rüby, King Bruce,
Cat500, Joe Wills & Ryu Kawashima
2.17. Bubble With — Uio Loi
2.18. Deprivation — Christian Kroupa & dBridge