八月 28

世界初!? 音楽専門のミニ動画VJアプリ

「Sympler」

By Jay Kogami

 

こんにちは。音楽ブログ「All Digital Music」を運営している音楽ブロガーのジェイ・コウガミです。この度RBMAで最新のデジタル音楽や音楽アプリのトレンドをご紹介していくことになりました。どうぞよろしくおねがいします!

「Instagram」, 「Vine」,「Viddy」。これらの名前をご存知でしょうか?ここに挙げたのは、どれもスマートフォンで短い動画を録画編集できる人気の動画共有アプリです。好きなフィルターを加えて気軽に投稿できる短い動画は、Twitterよりもクリエイティブな表現の手軽として便利ですよね。ですが、これらのアプリはいずれも音楽と合わせることが難しいという欠点があります。僕も何度か試したことありますが、全く上手くいきません。ですので、音楽が編集できるアプリがあれば、意外性があって面白いだろうなと思いました。特にアーティストやDJだったら音楽が入った短い動画があれば、普段と違った新しいスタイルのコンテンツで注目を集められますよね。短い動画の中にも自分の好きな音楽を簡単に追加して、さらに自由なエフェクトがかかった音楽PVのような動画が作れたら、表現方法が広がってユニークだと思いませんか?

「Sympler」はiPhone上でVJのように音楽にエフェクトを追加してオリジナルの映像を作成できる、無料の動画ミキサー・アプリです。InstagramやVineと同じように、20秒のショートビデオが作成できます。でも一番の違いは、Symplerは音楽動画作成専門のアプリという点です。

 

sympler_04

 

基本的にSymperは、自分の好きな音楽と自分が撮影した素材をマッシュアップしながら動画を簡単に作成します。使い方は簡単。まずiPhoneにセーブしている音楽ライブラリから好きな曲を選びます。次に、曲に合わせるエフェクトの素材を選択します。エフェクトは、プリセットされている5つの素材が用意されていますが、このアプリで嬉しいのは、自分が記録した写真でも、動画でもオーディオクリップでもエフェクトの素材として使うことができることです。あとは録音ボタンを押して、流れる音楽に合わせてボタンをタップしてエフェクトを重ねあわせていくだけ。作成した動画はTwitterやFacebookで共有ができますよ。

 

またSymplerの良い点は、シンプルな作りに仕上がっていること。設定もボタンを数回押すだけ。すぐに操作ができるし、使い方も簡単。アカウントの作成やFacebookのログインなんかも必要ありません!

そして何と言っても特徴的なのは、往年の名サンプラー「MPC」と同じパッド形式のインターフェース。ミックス時には素材サンプルがアサインされた6つのパッドを叩くだけ! これだけでもMPCファンの人やビートメイカーにはたまらないはず。Symplerを使えば、アーティストやDJの人だったら、SNSでシェアするコンテンツ作りや、ライブのプロモ動画に使えるかも。動画作成が癖になりそうなVJアプリ「Sympler」。是非一度試してみて下さい。