十一月 27

TEST PATTERN [Nº6] : RYOJI IKEDA

知覚の極限が試された光と音の特別展示を映像と写真で振り返る

 

池田亮司ほど、人間の感覚の限界に挑戦するアーティストは稀である。大規模なライト・インスタレーションや実験的なサウンド・クリエイションで知られる先鋭的なエレクトロニック/ビジュアル・アーティストである彼は、この世のあらゆるデータを抽出し、変換し、私たちの想像力を越える作品を生み出してきた。約1ヶ月間に渡りタイムズスクエアをジャックしていた池田亮司のtest patternシリーズが、RBMA Tokyo 2014の期間中、初めて東京で展示されることになり、青山のスパイラルホールにて5日間の特別展示を開催。来場者は美しいシンメトリーを描く彼の光と音を全身で体感することができる、特別な展示となった。