三月 07

Red Bull Music Academy Festival New Yorkの日程、出演アーティスト、会場が決定

2014年5月1日-31日, 1ヵ月に渡る音楽イベントがニューヨークで開催決定。
15のユニークなイベント - D’Angelo、Panda Bear、Hudson Mohowke、David Byrne、Tim Hecker、Napalm Death、Alexis Taylor(Hot Chip)、Kele Okereke(Bloc Party)、François K、Robert Henke、The Haxan Cloak、Gunplay、Wolf Eyes、Regis、Optimoなどが出演

Red Bull Music Academy Festival New Yorkが5月1日から1ヵ月に渡り開催されることが決定しました。

数々のパフォーマンス、レクチャー、クラブイベント、上映会などが丁寧にキュレーションされた31日間の会期中は、数々のアーティストやヴェニュー、そしてコンセプトが多層的に絡み合いながら、音楽の歴史と共に最新の音楽を探っていきます。

2013年のRed Bull Music Academyが成功し、高い評価を得たことから、ニューヨークでは今年から年1回Festivalが定期開催されることになりました。今年は1カ月間に渡り、ニューヨーク市内の伝統的な音楽用施設からストリートに至るまでの様々なヴェニューで15のイベントが開催されます。

チケット購入や各イベントの詳細はnyc.redbullmusicacademy.comでご確認ください。

  

 

001_rbma_nyc_calendar

 

 

Red Bull Music Academyはテーマのひとつに「知識の共有」を掲げていますが、今回はそのテーマに基づき、5月21日にBrooklyn Museum Cantor Auditoriumで『A Conversation With D’Angelo』が開催されます。公開レクチャーとなるこのイベントでは孤高のR&BシンガーD’Angeloを迎え、彼のクリエイティブなアプローチや、キャリアを築くきっかけとなった瞬間などに迫っていきます。

 

ニューヨークのParadise Garageで長年に渡りレジデントを務めていた伝説のDJ、Larry LevanはDJをアートへと昇華させ、ダンスミュージック史上最高と言われる時代のひとつをその卓越したサウンドで彩りました。François Kも2013年のRed Bull Music Academyのレクチャーで、「Paradise Garageは音楽を祝う場所だった。ディープでスピリチュアル、心の底から楽しめるパワフルな経験を得ることができた」と当時についてコメントを寄せています。今回、ニューヨーク市がLevanの功績を称え、市内のストリートのひとつKing StreetをLarry Levan Wayに名称変更することを受け、Red Bull Music Academyも先のFrançois Kをはじめ、David DepinoやJoey LlanosなどLevanの恩恵を受けた数々のゲストを迎え、5月11日に当ストリートで『Larry Levan Street Party』を開催します。

 

Red Bull Music Academy Festival New York唯一の2日開催となる5月2日、3日は、数多くのビッグネームによって結成されたスペシャルバンドが、シンセファンクのパイオニアとして知られるWilliam Onyeaborの作品を演奏します。Brooklyn Academy of Music(BAM)で開催されるこの『William Onyeabor: Atomic Bomb』では、ニューヨークを代表するアーティストであるDavid Byrneを中心に、Alexis Taylor(Hot Chip)、Pat Mahoney(元LCD Soundsystem)、Kele Okereke(Bloc Party)、Luke Jenner(元The Rapture)、The Lijadu Sisters(30年ぶりのライブ出演)、Joshua Redman、Money Mark、SinkaneなどがWilliam Onyeaborの作品を演奏する予定です。昨年Luaka Bopから『World Psychedelic Classics 5: Who is William Onyeabor?』がリリースされるなど、近年再評価されているWilliam Onyeaborの作品群がライブで再現される貴重な2日間となります。

 

5月10日にはクイーンズのKnockdown Centerで『Hardcore Activity In Progress』が開催されます。昨年のRed Bull Music Academyで開催され、大きな話題を呼んだ『Dron Activity In Progress』の続編とも言える今回は、メタル、テクノ、ジャズ、クラシック、ノイズ、ヒップホップなど、ジャンルを問わずにエクストリームな活動をしているアーティストたちを取り上げる予定です。Tim Hecker、Napalm Death、Gunplay、The Thing、Wolf Eyes、Regis、Bastard Noise、Lubomyr Melnyk、Skullflower、Joe McPhee/Chris Corsano、Okkyung Lee、Clipping、Yoshiko Ohara、Reg Bloor、Gnawなどのライブが予定されています。 

 

同じく5月10日は、Robert Henkeによる、光、闇、ヴィジュアルプログラミング、リアルタイムインタラクションにおける共時性と拡散を追求したプロジェクト『Lumière』がBrooklyn Masonic Templeで全米初公開されます。尚、Monolakeとしての活動で知られるドイツ人エレクトロニック・ミュージックのベテランHenkeは、サウンドデザイン教授、またAbleton Liveの共同開発者としても知られています。アートと音楽が融合したこのパフォーマンスはレーザーを使用したスペシャルな内容になる予定です。また同会場ではUKのアーティストBobby KrlicによるプロジェクトThe Haxan Cloakの全米デビューライブも行われます。The Haxan Cloakはセカンドアルバム『Excavation』がNew York Times、New Yorker、Pitchfork、Spinなどの各メディアで『Best Album of 2013』にノミネートされており、現在多くの注目が集まっています。

 

Red Bull Music Academyは長年に渡り、アーティストとライブの可能性を押し広げる手助けを行ってきましたが、5月18日にWarsawで開催されるAnimal CollectiveのメンバーPanda Bearのライブでは、近日リリースされるソロアルバムからの新曲が発表される予定です。またAcademy卒業生のHudson Mohawkeも5月28日にWebster Hallでスペシャルライブセットを披露します。現在ヒップホップシーンで最も注目を集めているプロデューサーであり、ダンスミュージックのスペシャリストとして知られる彼が仲間と共に全力を尽くすこのライブは、観た人の記憶に残るでしょう。

 

また、Red Bull Music Academyにはアンダーグラウンドシーンとローカルシーンを幅広く取り上げるという伝統があります。今回もLarry Levan Street PartyやHardcore Activity In Progressの他にもローカルシーンを取り上げた数々のイベントを開催し、ニューヨークの誇る音楽の歴史を盛大に祝う予定です。まず、5月1日にBrooklyn Night Bazaarで開催されるオープニングイベント『Bounce Ballroom』では、ジャンルを跨いだビッグDJの助けを借りながら米国のクラブダンスのスタイルの進化を披露します。このイベントではMikeQによるヴォーギング、Todd Terryによるハウス、DJ Sliinkによるジャージーハウス、そしてBobby Kondersによるダンスホールと、4種類のダンス、4組のダンスクルー、4人のDJが楽しめる予定です。また5月30日にはニューヨークの新世代レーベル兼クラブイベント『Lit City Trax』がWestwayでパーティーを開催しますが、オープニングはニューヨークを代表するもうひとつのパーティーMr. Saturday Nightが務める予定となっています。そしてRed Bull Music Academyの共同作業者であり、DJの中のDJと呼ばれるGerd Jansonによる『Running Back : Gerd Janson All Night Long』も5月17日にブルックリン(場所未定)で開催される予定です。

 

昨年に引き続き開催されるイベントもあり、まずTown Hallでは『A Night Of Improvised Round Robin Duets』が開催されます。このイベントではジャズ、エレクトロニック・ミュージック、ロック、エクスペリメンタルなど幅広いジャンルのサウンドが即興ライブの形で展開されます。尚、出演アーティストなどの詳細は後日発表される予定です。またその他にも『Brooklyn Flea Record Fair』や、『Red Bull Music Academy Culture Clash』の1周年も開催される予定です。Culture ClashではTrouble & Bass、Que Bajo、Max Glazer、Federation SoundなどによるDJセットが予定されています。

 

Red Bull Music Academy Festival New Yorkの最終日となる5月31日は、世界各国のAcademy卒業生を多数迎えたクロージングイベントがAbrons Arts Centerで開催されます。Nightwave、Anenon、Robot Koch、Yosi Horikawa、Lucrecia Daltを含む15人の卒業生が参加する予定となっています。尚、会期中の全イベントリストは別表をご参照ください。今年は1カ月間に渡り、ニューヨーク市内の伝統的な音楽用施設からストリートに至るまでの様々なヴェニューで15のイベントが開催されます。

 


チケット購入/各イベントの詳細: nyc.redbullmusicacademy.com