二月 28

J Dilla’s Favorite Flips

J Dillaの名盤『Donuts』で複数回使用されたサンプルを図解する。

By Red Bull Music Academy

 

比類なき才能を持ちながら夭逝したヒップホッププロデューサーのJ Dillaは、そのキャリアを通じて数え切れないほどのサンプリングを行ってきたが、遺作アルバム『Donuts』には複数回使用されている本人のお気に入りと言えるサンプルがいくつか存在する。

 

実に50曲以上がサンプリングされている『Donuts』。その中のJ Dillaのフェイバリットトラックとは? 今回はこのアルバムで複数回使用された楽曲をインフォグラフィックで図解する。J Dillaの才能と制作手法を再確認してもらいたい。

 

インフォグラフィックについて:

画像中央が『Donuts』の収録曲で、両端がサンプリングされたアーティスト及び楽曲が色分けされた旗と共に表示されている。たとえば、画像中央最上部の「Donuts (Outro)」にはピンク色の旗が表示されているが、これは画像左中央のShuggie Otis「Not Available」がこのトラックで使用されていることを示している。