四月 27

Gallery: RED BULL MUSIC ACADEMY X PARASOPHIA PUBLIC SESSION

2015年4月26日(日)、大規模な現代芸術の国際展『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』とのコラボレーション企画として、日本のジャズシーンきっての異才、菊地成孔を迎えパブリック・レクチャーを開催。

 

まるで初夏を思わせるような晴天に恵まれ、多くの人々で賑わう「京都市美術館内PARASOPHIA ROOM」にて行われたレクチャーでは、アート系の学生から、ジャズ論に興味を持つジャーナリスト、国際的に活躍する建築家や展示会へ出品しているアーティストまで、感度の高い人々が集まり、菊地氏のジャンルレスな人気を実感させられた。

 

原雅明氏と共に登場した菊地氏は、始終リラックスした雰囲気の中、マイルス・デイヴィスの『On the Corner』の説明から解説まで、さらにはデトロイトテクノから、現代音楽とブラックミュージックの結びつきに至るまで、幅広いジャンルに渡る音楽論へと展開。菊地氏の才能あふれる話術に皆、積極的に耳を傾けていた。

 

歴史ある京都の街と芸術が素晴らしく融合した芸術祭にアカデミーの要素が加わったクリエイティブなコラボレーションとなり、大盛況のうちにパブリック・レクチャーは終了した。