七月 28

LECTURE:Jeff Mills, Berlin 1998 (日本語字幕)

Red Bull Music Academy の記念すべき初のレクチャー

このインタビューは、1998年にベルリンで行われたRed Bull Music Academyの記念すべき初のレクチャーだ。Jeff Millsは間違いなくテクノミュージックの創始者のひとりだ。デトロイトのラジオ局WJLBのDJ、The Wizardとしてキャリアをスタートさせた彼は、1980年代後半にAnthony Srockとインダストリアル系ユニットFinal Cutを始動させ、その後Parliamentの元ベーシストMad Mike Banksと交流を深めていくと、Banksのキーボード/シンセコレクションとMillsのレコーディング機材のノウハウを使い、Underground Resistanceとして、スタジオ作業を始める。2人はこのスタジオ作業を通じてテクノの発展において最も重要な位置を占めるトラックの数々を生み出すと、若手ラッパーRobert Hoodを加えその勢いを増していく。黒いコンバットスーツとスキーマスクに身を包んでパフォーマンスを行っていたUnderground Resistanceはダンスミュージックにおける革新的なイメージを獲得すると、ヨーロッパで熱狂的なファンを獲得していく。そしてライセンス契約を通じてドイツのレーベルTresorと契約すると、やがてMillsはRobert Hoodと共にセルフレーベルAxisを立ち上げた。Millsはその後も 、ミニマルだが複雑なDJセット、Flitz LangのSF古典『Metropolis』のサウンドトラックの再編、また『The Rings Of Saturn』でのマルチメディアへの取り組みなど、常にダンスミュージックとアートの間を注意深く、丁寧に歩みながら活動を続けている。