十二月 09

Lecture: Jah Shaka

UKサウンドシステム・カルチャーの先導者、Jah Shakaによるスピリチュアル・ガイダンス

ラスタファリアン・ミュージック・カルチャーのオリジナル・ヒーローのひとりとして敬慕を集めるJah Shakaは、伝説と化した数々のダブ作品、スピリチュアルなメッセージ、そして骨の髄まで揺さぶるサウンドシステムで、音楽に隠された深い意味を解き明かしてきた。50年代後半にジャマイカからロンドンへと渡ったJah Shakaは、イギリスの黒人移民としての苦労を若いころから噛み締めて育った。彼のような人達にとってサウンドシステムを作り、ハウスパーティーを行うことは、人種差別と貧困から一時的に逃避する手段であった。その後40年間、愛と寛容と神秘のメッセージを世界に伝え続けてきた彼の音楽は、比類なき輝きを放っている。