十一月 08

LECTURE: 冨田勲

日本が誇る電子音楽のパイオニア、冨田勲が音への探究心を語る

日本で最初にシンセサイザーを導入し、エレクトロニック・ミュージック界に革命を起こした偉大なる作曲家、冨田勲がRed Bull Music Academy Tokyo 2014のレクチャー・カウチに登場。音楽ジャーナリストの原雅明がホストを務め、90分に渡り繰り広げた濃厚な会話は、冨田勲が大金をはたいてMOOGシンセサイザーを輸入した理由から、電子音で自然音を再現した方法、ドビュッシー、バッハ、果てには宇宙、初音ミクにまで及んだ。前例の無いことをする上での心構え、音楽に対する向き合い方など、ためになる教訓や心に残る言葉に溢れたレクチャーになっている。