一月 20

LECTURE: 細野 晴臣

音楽を革新し続ける開拓者、細野晴臣が教壇に登場

日本が誇るマルチ奏者、プロデューサー、イノヴェイターである細野晴臣。1969年にエイプリル・フールのベーシストとしてデビューしたのち、はっぴいえんどの一員として日本のロックの礎を築き、その後、70年代後半から80年代にかけて、YMOでの活動を通してテクノポップ革命を牽引した。また、様々なジャンルを横断したソロ活動は現在まで続いており、何世代にも渡る数々のアーティストに影響を与えてきた。日本のみならず世界の音楽史にその名を刻んできた細野晴臣が、自身のソロ活動の話を中心に、これまでの軌跡を振り返る。

 

関連記事:

Yellow Magic Orchestra: Solo Works - 高橋幸宏・坂本龍一・細野晴臣のソロ作品に見る偉大なるトリオの功績