十二月 03

LECTURE : Debbie Harry & Chris Stein, New York 2013 (日本語字幕)

累計4,000万枚も売り上げたスーパーグループの成功と苦悩を語る。

70年代後半、荒廃していくニューヨークにあって、伝説的なライブハウスCBGBを取り巻くパンクシーンから突如現れたChris SteinとDebbie Harry。アートシーンと密接に関わりながら、ニューヨークの逆側から台頭してきたヒップホップシーンともクロスオーバーしていった。“Heart Of Glass” や “Rapture” と言ったクラシックソングはパンク、ニューウェイブ、レゲエ、ヒップホップのるつぼであるNYから生まれた彼らのサウンドであり、Debbie Harryのクールなソウルが全て入り交じっている。ロック史における女性アイコンにまで上り詰め、累計4,000万枚も売り上げたスーパーグループの成功と苦悩、今なおバンドのパートナーとして活動し続ける秘訣を語ってくれた。