二月 28

Red Bull Music Academy Workshop Session @名古屋JB'S

南アフリカ出身、Red Bull Music Academy2003年の卒業生であるプロデューサー、Black Coffeeが、東京、大阪、名古屋を回るRed Bull Music Academy Presents Black Coffee Japan Tourに来日決定!名古屋公演ではレクチャーも開催。

限られた機材のみで制作したにも関わらず、世界中で素晴らしい評価を得たデビューアルバム、幼い頃の事故で左手が不自由になりながらもDJとして活動、のちに右腕のみで60時間ノンストップのDJプレイでは、ギネス記録を獲得するなど、数多くの偉業を成し遂げている。我々の想像を超える決して安易とはいえない環境にありながら、音楽へ向けた情熱と強い精神によりスターダムへとのし上がり、今や南アフリカのアイコン的存在となるまでの成功を収めた彼のストーリーが聞ける貴重な機会となる。レクチャー参加者はイベントへも無料招待され、彼の音楽の神髄を十分に味わえるようになっているので、是非ご応募を!


RED BULL MUSIC ACADEMY WorkShop Session *応募締めきりました!


日時: 2015年2月28日

Lecture 19:00-21:00 (限定招待制)

Lecture : Black Coffee / Interviewer : Mike Sunda

Event “Locomood”  22:00- 

会場: 名古屋 JB'S(愛知県名古屋市中区栄4-3-15 )
料金: Door ¥3000 w/f ¥2500 
出演: BLACK COFFEE (Soulistic Music | from South Africa)
Hattori (Pigeon Records/ Black Cream),Apollo (Black Cream)

Sound Design:Asada (Air Lab)

Coffee by TRUNK COFFEE

 


*レクチャー応募要項
※応募者の中から先着で限定無料ご招待。
※レクチャー参加者はイベントへも無料ご招待いたします。
※『2/28 Black Coffee RBMA レクチャー参加希望』として、参加希望の方の全員のお名前を明記の上、こちらまでメールをお送りください。
※ご招待は予定人数に達し次第終了致しますのでご了承ください。
※当選された方は必ずご参加いただけますようお願いします。


Black Coffee (South Africa)
一躍時の人となり名声を得たことを考えると、アーバン・ハウスパーティーの市場に貪欲に裾野を広げようと躍起になり、ビートにばかり囚われているその他大勢のアーティストのひとりではないかと見られるかもしれない。だが実際は違う。南アフリカ・ミュージック・アワード受賞作品である『Home Brewed』が示すとおり、DJ兼プロデューサーであるBlack Coffeeは、従来の音のあり方そのものに対峙しているといえる。立体感のあるバランスと美しい旋律に組み込まれた、控えめな洗練さと同時に感じられるノリの良いアフロハウスや演出された高揚感。それらはBlack Coffeeが好む本物のアフロポリタン・ハウス、すなわちアフリカの地でじっくりと熟成されていながら、トレンドセッターとしての要素が垣間見られるサウンドなのである。

 

南アフリカ、クワズール・ナタール州のダーバンで生まれたBlack Coffeeは、音楽を学ぶため専門学校でジャズを専攻した。2003年のRed Bull Music Academyに、南アフリカの参加者として選ばれたことをきっかけに南アフリカのDJシーンに躍り出て以来、後ろを振り返ることなく前進し続けると心に決め、精力的に活動を続けている。

 

2005年、デビューアルバム『Black Coffee』をリリースし、同年<Soulistic Music (PTY) Ltd>を設立。Black Coffeeにとって世に出る足がかりとなったこのデビューアルバムは、ごく基本的な機能だけを備えた楽曲ソフトを使い制作したことを本人が明かしている。「基本的なアイデアを詰めただけで、MIDIコントローラーは一切使わずコンピュータマウスだけで作ったから、アルバムの制作工程をどう説明したらいいのか分からない。」と語る。また彼にとって、歌に楽器の生音を使用することも大事な要素となっており、それによってトラックに魔法がかかったように命が吹き込まれるのである。

 

卓越したクリエイティブな才能を余すことなく発揮するBlack Coffee。彼が創り出すサウンドは、ファミリーという小さな単位から、コミュニティー、仲間同士、文化、国、そして世界という大きな規模に至るまで、幸福感をもたらしていることに疑問の余地はないのである。