九月 22

Red Bull Music Academy presents Night Slugs Label Showcase

世界が最も注目する英国”Night Slugs”のレーベル・ショウケース
BOK BOK、L-VIS 1990とGIRL UNITの3名が来日決定

この秋、東京に初上陸するレッドブル・ミュージック・アカデミー主催のもと、現在最も注目されている英国"Night Slugs"のレーベル・ショウケースを9月22日(月・祝前日)代官山UNITにてアジア初開催。レーベルを主宰するBok Bok(ボク・ボク)、L-Vis 1990(エルヴィス1990)とGirl Unit(ガール・ユニット)の3名が来日決定。グライムを軸に、シカゴハウス、R&B、テクノ、ボルチモア/ジャージークラブ、80sファンクなど、ジャンルを縦横無尽にまたぎ、冷たく、生々しいベースサウンドで2010年代のUKダンスミュージックをアップデートし続けている"Night Slugs"の世界を体感しよう。

 

2008年にロンドンのクラブナイトとして始まった"Night Slugs"は、主宰のBok BokとL-Vis 1990の唯一無比のヴィジョンによって、若く才能あふれるアーティストが多く集まるコミュニティとなった。2010年にレーベルとして再ローンチして以来、野心的かつ革新的なクラブ・ミュージックを発信し続けており、Mosca(モスカ)やJam City(ジャム・シティ)、Girl Unitなどの才能ある新人アーティストを次々と世に送り出し、Kingdom(キングダム)やEgyptrixx(エジプトリクス)、Lil Silva(リル・シルヴァ)などのプロデューサーたちの活動の場であり続けている、近年最も勢いのあるダンスミュージック・レーベルである。

 

今回、アジア初開催のレーベル・ショウケースのために、7月に国内で『Your Charizmatic Self』がリリースされたばかりのレーベル創始者Bok Bokと、共にレーベルを運営するL-Vis 1990はもちろんのこと、Hysterics(ヒステリックス)ことGirl Unitが来日する。

 

音楽のみならず、アートワークからファッションにいたるまで、マルチメディアに表現される"Night Slugs"の世界。はっきりと貫かれているそのコンセプトは自身のレーベル名をジャンルにまで昇華させてしまったほどである。2010年代のクラブキッズを魅了しつづけている、そのフューチャリスティックな世界観を全身で体感しよう。

 

Red Bull Music Academy presents Night Slugs Label Showcase
日 時:9月22日(月)OPEN/START 23:00
会 場:UNIT(代官山) http://www.unit-tokyo.com/
出 演

 

<Night Slugs>
Bok Bok, L-Vis 1990, Girl Unit

 

<Support>
A TAUT LINE (GREEEN LINEZ / DISKOTOPIA)
1-DRINK
ENDLESS (NEO TOKYO BASS)
FRUITY (SHINKARON/FLIGHT MUZIK)
PENPEN 922 (KOKO MIYAGI + KONIDA)
TOMAD (MALTINE RECORDS)
LICAXXX
BACON(VJ)


料 金:前売 2,500円 (税込) / 当日 3,500円 (税込) 

チケット情報 (8月8日から発売中):
LAWSON[L-code 70667]/e+/DISK UNION[渋谷クラブミュージックショップ/新宿クラブミュージックショップ/下北沢クラブミュージックショップ]/TECHNIQUE/BEAMS RECORDS/JET SET TOKYO/UNIT

* 20歳未満の入場不可。要写真付身分証

 


Bok Bok(ボク・ボク)


ロンドンを拠点に活動するDJ/プロデューサー、またレーベル、Night Slugs(ナイト・スラッグス)のディレクターとしても知られるBok BokことAlex Sushon(アレックス・スション)。2009年にL-Vis 1990と共にリリースした"Night Slugs EP"にてデビュー。2011年5月には自身のレーベル、Night Slugsから"Southside" EPを発表し、収録曲"Silo Pass"がクラブヒットした。2013年にはLAの姉妹レーベルFade To Mind(フェイド・トゥ・マインド)より鮮烈なデビューを果たしたシンガー、Kelela(ケレラ)のミックステープ"Cut 4 Me"に楽曲を提供。2014年には三年ぶりのソロ作品"Your Charismatic Self"EPを発表し、Kelelaの歌声をフィーチャーしたシングル"Melba's Call"では、スタイリッシュなPVとともに、官能的かつ機械的なその独特の世界観が貫かれている。

 


L-Vis 1990 (エルヴィス1990)


Brighton出身のDJ/プロデューサー、L-Vis 1990ことJames Connolly (ジェームス・コノリー)。2008 年に"L-Vis 1990 EP"にてデビューし、同年Bok Bokと共にクラブイベント"Night Slugs"をスタートする。翌年にはMad Decent(マッド・ディセント)やSound Pellegrino(サウンド・ペレグリーノ)などの大御所レーベルからも作品をリリースする。2011年に発表したアルバム”Neon Dreams”ではシンセポップを、2013年にDance System名義で発表した"Dance System EP"ではクラシックなシカゴハウスのサウンドを鳴らすなど、レーベルの多岐にわたる音楽性を体現しているアーティストである。

 


Girl Unit(ガール・ユニット)


ロンドンを中心に活動するDJ/プロデューサー、Girl UnitことPhilip Gamble(フィリップ・ギャンブレ)。 2010年に"I.R.L" EPにてNight Slugs(ナイト・スラッグス)よりデビューし、同年同レーベルより発表したシングル"Wut"がクラブヒット。クラシックな808や909のリズムにラップやグライム、R&Bのトラックをミックスする彼の独創的なスタイルはUSクラブサウンドのポップネスとUKサウンドの伝統を兼ね備えている。2012年にはアナログ機材を使用して作られた6曲入りEP"Club Rez"を発表。2013年に、Hysterics(ヒステリックス)名義で発表した"Club Constructions Vol.5"ではインダストリアルで冷たいダンスビートを披露している。現在自身初のLP作品を製作中である。