六月 27

RBMA presents HOW GOOD IT IS! That's TODD TERJE -LIVE-

日本初! 北欧ニューディスコの至宝トッド・テリエのライブセット決定!

北欧ニューディスコの至宝、トッド・テリエがWOMBにて、日本初のライブセット披露します。
コズミックディスコ/バレアリック・ファンにとって歴史的な一夜となるでしょう!

 

ノルウェー・オスロを拠点に活動するトッド・テリエは、往年のディスコサウンドを現代版にアップデートしたニューディスコと呼ばれるジャンルで数々の傑作リエディットを生み出し、またローリング・ストーン誌の「世界に君臨する25人のアーティスト」にも選ばれるなど、近年もっとも注目を浴びるプロデューサーです。

 

2010年、彼のリエディットやリミックス曲だけを初CD化したベスト盤的コンピレーション 『Remaster Of The Universe』をリリース。それまでオリジナル曲はほとんど発表されることがなかったのですが、2011年にドイツのレーベル“Running Back”から「Ragysh」、2012年に彼自身のレーベル“OLSEN Records”から「It’s The Arps EP」をリリースし、瞬く間に世界中から高評価を得たのです。

元ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーとのレコーディング・セッション映像が動画サイトで突然公開されて世間を驚かせたのも束の間、リンドストロームのアルバム『Smalhans』では全曲のミックスを担当、またフランツ・フェルディナンドのアルバム『Right Thoughts, Right Words, Right Action』にも参加するなど、ここ数年でトラックメイカーとしての評価は高まるばかり。そんな彼が初のシングル・リリースから10年の時を経て、なんと今年4月に待望のファースト・アルバム『It's Album Time』をリリースしました。題名から分かる通り、自身のオリジナル曲だけとなっています。

 

さらに当日は「RBMA VIP Lounge」にてレッドブル・ミュージック・アカデミーと縁の深いアーティストたちが出演決定。2008年のアカデミー卒業生であるsauce81はN'gaho Ta'quia(ンガホ・タキーア)名義のデビュー・アルバム『In The Pocket』をリリースしたばかりで、そのライブセットを披露。また日本のヒップホップ界を代表するアーティストのgrooveman Spot、「Brainfeeder」や「Low End Theory」に出演経験を持つビートメイカーのRLP、東京を拠点にワールドワイドな展開を見せるレーベル”Diskotopia”からFujimoto Tetsuro、こちらも期待のフロアです!

------------------------------------------------------------------

RBMA presents HOW GOOD IT IS! That's TODD TERJE -LIVE-

日 時:6月27日(金)OPEN 23:00
会 場:WOMB(東京)
料 金:DOOR 3,500円/前売 3,000円
チケット(5月28日 正午よりe-plusにて発売開始): e-plusでチケットを購入する

出 演:

<MAIN FLOOR>
TODD TERJE -LIVE- (OLSEN RECORDS / FROM NORWAY) CHIDA(ene), FORCE OF NATURE, HYOTA & CHRIS AKIRA(How Good It Is!)

<RBMA VIP LOUNGE>
GROOVEMAN SPOT (JAZZY SPORT), N'GAHO TA'QUIA a.k.a SAUCE81 -LIVE-, RLP, TETSURO FUJIMOTOMAIN

<MIDDLE LOUNGE - Sushipanik Launch Party->
GHOST HAMON & STARDUST CRUSADERS, OJ SUSHIPANIK BLACK

<WOMB LOUNGE>
SATOSHI OTSUKI (TRESVIBES), HARUKA (Future Terror), TAKASHI HIMEOKA (Rora)

 

※20歳未満の入場不可。入場時にIDチェック有り、写真付き身分証を持参してください。

※You must be 20 and over with photo ID.


------------------------------------------------------------------

grooveman Spot a.k.a KOU-G (JAZZY SPORT)

ラッパーU-Zipplainとのユニット“Enbull”として知られるヒップホップMC/プロデューサー。Jazzy Sport所属。Mitsu The Beats、Gagleらとともに仙台で活動を開始。国内外アーティストのリミックスを担当し、MIXテープやCDをリリース。2006年、ソロ・アルバム『Eternal Development』を発表。その後、Masaya Fantasista、Simbadとのユニット“Tettory Bad”名義でアルバム『Unite』をリリース。2010年、2ndソロ作『Change Situations』発表にともない、grooveman Spot a.k.a. KOU-Gとしてアーティスト名義をgrooveman Spotに変更する。2012年10月、4作目となる『PARADOX』をリリース。

 

N'gaho Ta'quia aka sauce81
生々しいマシン・グルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い。雑味たっぷりの楽器演奏と時折表すファジーでメローなボーカルワーク。ディープなソウルとファンクネスをマシンに宿すプロダクション・スタイルで、数々のリミックス、コンピへの楽曲提供を重ねてきた。バルセロナで開催された Red Bull Music Academy 2008 を卒業後、世界中にリスナーを持つポッドキャストの草分け的存在 cosmopolyphonic radio を2009年に立ち上げ。Sonar Sound Tokyo などの国内フェスに出演、海外でのライブ活動も行っている。2013年には、sauce81名義で『Fade Away EP』12"<Wonderful Noise>、『All In Line / I See It EP』12"<Catune>、また、grooveman Spot とのユニット 77 Karat Gold として『Love / Memories In The Rain』7"<Jazzy Sport>をリリース。2014年も、Wonderful Noise から sauce81『It's About Time EP』、disques corde から N'gaho Ta'quia(ンガホ・タキーア)名義のデビューアルバム『In The Pocket』をリリース。N'gaho Ta'quia では、自身のルーツである 70's ジャズ、ファンク、ソウル・ミュージックをヒップホップ/ビートマナーで提示している。

 

RLP

東京出身のビートメイカーRLP。2010年に1st AlbumをOilworksよりリリース。その後もコンピレーションへの楽曲提供やTOKiMONSTAやLogic System等、多数のリミックスを手がける。ライブアクトとしてはOnra、Africa Hitech、Dorian Concept等多数のアーティストと共演し、国内でのBrainfeederやLow End Theory等にも出演。Onra、Ta-Ku、XXYYXX、Soulection等多数のアーティストが楽曲をプレイしている。世界中で十数万ダウンロードされているポッドキャスト/イベントである"COSMOPOLYPHONIC"の主要メンバー/デザイナーとしても活動中。

 

Fujimoto Tetsuro

ソウルフルなクロスオーヴァーミュージックをアップデート し続けるプロデューサー。『Absolute!!』『COSMOPOLYPHONIC』『LA♥JPN♥LA』 など、国内外で注目を浴びたコンピレーションアルバムに参加。2011年ニューヨークのレーベル <bagpak>からリリースしたデビューEP『Reflections』や、これまでに行ってきた海外アーティストのリミックスは、Jay Scarlett やOpolopo、Soulection など多方面のアーティストやラジオミックスで支持される。2013年には、東京を拠点にワールドワイドな展開を見せるレーベル<Diskotopia>よ り『Sketches of the Other Tokyo』EPをリリース。US発の優良音楽メディア"XLR8R"で紹介されるなど、各方面で高い評価を得ている。