Magazine

Instrumental Instruments Minimoog

経営危機が生んだアナログシンセはユニークなサウンドとデザインで現代のポータブルシンセに大きな影響を与えることになった。Moogを代表するシンセの歴史を振り返る

RBMA 2018 Berlin Funkhaus

2018年9月から10月にかけて開催される音楽学校の会場に世界最大級の複合スタジオ施設が選ばれた

DJ Bone Interview 2018

カルト的な人気を得ているデトロイトテクノの重鎮が少年時代、インディペンデント精神、ホームタウンへの貢献などについて語った

Another Side of 90s Hip-Hop

1990年代のヒップホップシーンを追い続けたフォトグラファーの未発表写真が伝えるアーティストたちの素顔    

Alex Rosner Interview 1998

ニューヨークディスコ黄金時代を支えたサウンドシステムを手掛けたエンジニアの1998年のインタビューを紹介する

90s CG Artworks of Phil Wolstenholme

1990年代前半にWarp Recordsを中心に数々のCGアートワークを手掛けたグラフィックデザイナーが当時を振り返る

when techno was house

シカゴがテクノの誕生に与えた影響を振り返る

The Strange Journey of the Vocoder

ミュージシャンだけではなく政治家も使用した "ロボットボイス" は現代人の日常生活でも使用されている。1920年代に生まれたテクノロジーの奇妙な歴史を振り返る

Record Shops in LA

米国西海岸を彩るレコードショップの数々をフォトエッセイ形式で紹介する

Days of Macola Records

ギャングスタラップの誕生を促したロサンゼルスのプレス工場兼レーベルの実態を関係者たちが語った

red bull music academy 2018 participants list pt2

記念すべき20回目のRBMAに参加する世界37カ国から選ばれた61人のプロフィールを前後半に分けて紹介する

Red Bull Music Academy 2018 Participants list Pt1

記念すべき20回目のRBMAに参加する世界37カ国から選ばれた61人のプロフィールを前後半に分けて紹介する

interview edgar wright pt2

『ベイビー・ドライバー』などで知られる英国人脚本家・映画監督のロングインタビューを紹介。Part.2では音楽変遷やサウンドトラックに関するユニークな考えを語っている

Interview Edgar Wright pt1

『ベイビー・ドライバー』などで知られる英国人脚本家・映画監督のインタビューを紹介。Part.1では影響を受けた映画監督やキャリア初期について語っている

Instrumental Instruments Roland SH 101

リリース当時は大失敗に終わったが、次世代のダンスミュージックプロデューサーたちと共に独自の道を歩んでいったクラシックアナログモノシンセを取り上げる

Straight Edge A Clear Headed Hardcore Punk History

ノー・シガレッツ、ノー・ドラッグ、ノー・アルコール、ノー・ワンナイトスタンド…。ハードコアパンクシーンに大きな影響を与えたコンセプトの誕生と歴史を当事者たちが振り返る

Loleatta Holloway Queen of the Night

数々のヒットを生み出したダンスミュージックのディーヴァがキャリアを振り返った2005年のインタビューを紹介

Pierre Henry Home

取り壊しの危機に瀕している故フランス人現代作曲家の活動拠点を写真で紹介する

Bernie Grundman Interview

数々の名盤のマスタリングを手掛けたエンジニアがサウンドへの拘りを語る

The Art of Drexciya

伝説のアクアティック・エレクトロデュオのアートワークについてイラストレーターが解説した

Instrumental Instruments Fender Rhodes

ジャンルを問わずあらゆる音楽で重用されてきたエレクトリックピアノの特徴と歴史

Interview Flying Lotus 2018

LAビートシーンを代表するアーティストがキャリア初期や映画制作から得た経験などについて語った

Charlotte Gainsbourg Life in Music

2017年にリリースしたニューアルバム『Rest』が各方面で高評価を得たフランスを代表する女優・歌手が自身の音楽性に影響を与えた曲とアーティストを紹介する

Interview Koji Morimoto

数々のエポックメイキングな作品に携わり、世界的に評価されるアニメーション監督がキャリアを振り返る

Interview Taeko Onuki

1970年代から東京の音楽シーンを切り拓き続けてきたアーティストがキャリアを振り返る

Instrumental Instruments MPC60

音楽に大きな影響を与えた機材を取り上げるシリーズの最新エピソードは、ヒップホップと強く結びついているサンプラー / シーケンサーを取り上げる

Interview Soshi Hosoi

Steve Reichやジャングルなどを貪欲に取り入れて革新的なビデオゲーム・ミュージックを世に送り出してきた日本人作曲家がキャリアを振り返る

Back to the Lab

J DillaやFlying Lotusなどヒップホップを代表するアーティストのホームスタジオを撮り続けてきたRaph Rashidが最新写真集について語った

Interview Osamu Sato

カルトクラシックとして世界的に知られるビデオゲーム『LSD』を開発した日本人アーティスト / デザイナー / 音楽家が生い立ちや開発経緯について語った

Stockhausen WDR Studio for Electronic Music

ケルンから離れることが決まったエレクトロニック・ミュージック史に残る偉大なスタジオの内部を米国人フォトグラファーが記録した

Interview Derrick Carter 1995

DJ History.comのアーカイブから、1995年に行われたシカゴのレジェンドDJの貴重なインタビューをピックアップ

Interview Motohiro Kawashima

古代祐三と共に『ベア・ナックル』シリーズの音楽を手掛けた作曲家がキャリアを振り返る

Tatsuya Takahashi on A for 100 cars

シンセサイザーエンジニアの高橋達也が池田亮司のインスタレーション A [for 100 cars] 用に開発したサインウェーブシンセサイザーについて解説した

Interview Alessandro Cortini

エレクトロニック・ミュージックの鬼才がBuchlaへの愛やNine Inch Nailsとの出会いについて語る

Instrumental Instruments Fairlight CMI

オケヒやヴォイスパッドなどサンプルベースのユニークなサウンドで知られる、1980年代を風靡したコンピューターシステムの歴史を振り返る

Fresh Kid Ice and 2 Live Crew

2017年7月にこの世を去ったマイアミベースを代表するグループのメンバーの自叙伝から、結成初期が語られている部分を抜粋して紹介する

Working with Prince

1980年代のPrinceのクラシックアルバム群とツアーに深く関わったエンジニアSusan Rogersが、当時のPrinceについて振り返る

Synthesizer Heaven Three Wave Music

全米のハードウェアファンから聖地として扱われている日本人が経営するニュージャージーのミュージックショップを写真で紹介する

REPORT RBMA BERLN 2018 WORKSHOP SESSION TOKYO

RED BULL STUDIOS TOKYOで2日間に渡り開催されたRBMA BERLIN 2018へ向けてのワークショップの様子をレポート

Interview Jim Jarmusch

『ゴースト・ドッグ』や『ブロークン・フラワーズ』などのカルト作品を生み出してきた映画監督が語る音楽活動、映画と音楽の関係、ニューヨーク

Why Record Stores Are More Important Than Ever

2017年 - 今の時代こそレコードショップが重要だ

Keith Haring Night

キースへリングのコレクションのみを展示する世界初の美術館『中村キース・へリング美術館』の10周年記念コラボ企画! いとうせいこう氏 x DJ NORI x HIRAKU氏によるトークショーを開催!

Red Bull Music Academy Berlin 2018 WORKSHOP SESSION

説明会を兼ねた2日間の招待制ワークショップセッションがRed Bull Studios Tokyoにて開催決定! 7月6日から応募開始!

Yess Records

1970年代から1980年代にかけて存在したインドネシアのブートレグカセットレーベルは今もこの国の音楽シーンに影響を与えている。

Photo Gallery Solange An Ode To

Solangeがグッゲンハイム美術館で上演したパフォーマンス&メディテーションプログラムを写真で振り返る

Red Bull Music Academy 2018 Berlin Annoucement

2018年9月、世界各地を巡って開催されてきた音楽学校Red Bull Music Academyが20年前の初開催地ドイツ・ベルリンを再訪します。

Photo Gallery RBMA Presents Twilight Zone

The Star FestivalとTAICOCLUBに出現した、新宿ゴールデン街のエクスペリメンタル・ノイズ・バーにインスパイアされたRBMAステージの様子を写真で振り返る

Photo Gallery Rainbow Disco Club 2017 RBMA Festival Stage

伊豆稲取で開催された野外フェスティバルのRBMAステージをフォトギャラリーで振り返る

Jeff Mills Interview 2017

エレクトロニック・ミュージックに革命を起こしてきたアーティストが音楽制作を始めた頃やリサーチの重要性、オーケストラとの作業プロセスなどについて語る

The History of Teddy Riley and New Jack Swing

当事者たちが振り返るニュー・ジャック・スウィング

Interview Yasuhisa Toyota

Hamburg ElbphilharmonieやWalt Disney Concert Hallの音響設計を担当した日本人音響設計家が設計哲学について語った。

RIP Mika Vainio

フィンランドが生み出したエクスペリメンタル・ミュージックの巨星の死をBlast FirstのレーベルボスPaul Smithが思い出と共に悼む

Skeme Richards favourites

RAINBOW DISCO CLUB 2017のRBMAステージでDJ NORIとB2Bを披露する “マグマ大使” ことSKEME RICHARDSが、日本やフィリーを中心にお気に入りの10曲をセレクト

Welcome to the world of Black Smoker 

今年活動20周年を迎えた、東京の最狂集団BLACK SMOKERに迫る

Interview Skeme Richards

Rainbow Disco Club 2017のRBMAステージでDJ NoriとB2Bを披露する “マグマ大使” ことSkeme Richardsのインタビューを紹介する。

Interview MISO

韓国出身のRBMA卒業生が語るRBMAの魅力

Voodoo ray interview

1988年にリリースされ、UK産ハウス / テクノブームを生み出した名曲について本人と関係者が振り返る

The Sound of Terminator

映画『ターミネーター』シリーズで知られる作曲家が初期2作を手掛けた頃の制作環境や苦労を語った

charlie ahearn interview

ヒップホップ黎明期を取り上げた伝説の映画を手掛けたCharlie Ahearnが、当時のニューヨークを振り返った2001年の貴重なロングインタビュー

John Cage and Takemitsu

日本人現代作曲家は米国人現代作曲家から何を学び取ったのか?

look back on electronic music 2016 part 2

RBMR RADIOのDJがPITCHFORKのライターと共に2016年のシーン全体を振り返っていく

Look back on Electronic Music 2016 part 1

RBMR RadioのDJがPitchforkのライターと共に2016年のシーン全体を振り返っていく

Hashtags Season 2

ネットミュージックとデジタルカルチャーを追う映像シリーズのシーズン2全4話が公開

Larry Heard Can You Feel The 80s

シカゴハウスのイノベイターが初期クラシックの制作方法やFingers Inc.結成秘話について語った

RIP Jaki Liebezeit

2017年1月22日にこの世を去ったCanのドラマーの偉大な功績を讃える

Interview John Peel

没後13年近く経った今も絶大な影響力を保ち続ける英国人ラジオDJへの貴重なインタビュー(1999年収録)

Thundercat on His Michael McDonald and Kenny Loggins Collab Show You the Way

Kenny LogginsとMichael McDonaldをゲストに迎え入れたニューシングルについてBrainfeederが誇るベーシストが熱く語った

Ryan Hemsworths Favorite Video Game Music

Kanye WestやLana Del Reyなどのリミックスワークでも知られるカナダ人トッププロデューサーが思い出のビデオゲームミュージックを語る

Omar S x Dam Funk

LAファンクアーティストとデトロイトDJのスペシャル対談

Instrumental Instruments Buchla

音楽制作の歴史に大きなインパクトを与えた機材を紹介するシリーズの第2弾は、モジュラーシンセサイザーの至宝を取り上げる

Instrumental Instruments 909

音楽制作の歴史に大きなインパクトを与えた機材を紹介するシリーズの第1弾は、テクノサウンドを定義づけたドラムマシンを取り上げる

Interview David Mancuso Part 2

2016年11月14日に72歳でこの世を去った伝説のDJの1999年に行われた貴重なロングインタビューのPart 2を紹介する

Interview David Mancuso Part 1

2016年11月14日に72歳でこの世を去った伝説のDJの1999年に行われた貴重なロングインタビューを2回に分けて紹介する。

Traveling Soul The Life of Curtis Mayfield

Curtis Mayfieldの息子Toddの著作『Traveling Soul: The Life of Curtis Mayfield』(音楽ライターTravis Atriaとの共著)の中から、名作『Super Fly』にまつわるエピソードを抜粋

Nick Dwyers Favorite Early Japanese Video Game Soundtracks

『ディギン・イン・ザ・カーツ』のプロデューサーが隠れた名曲を紹介

Masters At Work Interview for JP

Masters At Workの来日を記念して、2013年のRBMAレクチャーからの抜粋・編集記事を紹介

Canadas National Music Centre

RBMAモントリオール特集:エレクトロニック・ミュージック史に残る貴重なシンセ群を保管するカナダのNational Music CentreのStudio Bellを写真とインタビューで紹介

Hockey Music in Canada

RBMAモントリオール特集:カナダのNHLチームと音楽のユニークな関係

Early Electronic Music in Quebec A Brief History

RBMA MONTREAL特集2:ケベックの電子音楽黎明期を振り返る

Pioneering Canadian Women In Electronic Music

RBMA Montreal特集:電子音楽黎明期に活躍したカナダ人女性作家たちを紹介する

Public Enemy At Rikers

1988年、Public Enemyは刑務所でコンサートを開催した初のヒップホップアーティストとなった。関係者たちの証言と共にその歴史的イベントを振り返る

NY Music Logo Part 2

2000年代から現在までのNY音楽シーンを代表するロゴデザイン群とその背後に潜むストーリーを2パートで紹介する

NY Music Logo Part 1

2000年代から現在までのNY音楽シーンを代表するロゴデザイン群とその背後に潜むストーリーを2回に分けて紹介する

Mike Paradinas on Expert Knob Twiddlers

Planet Muを率いるMike Paradinasが、20年ぶりにリイシューされたAphex Twinとのコラボレーションアルバムについて当時の思い出と共に振り返った。

The Rise and Fall of the Electronic Music Mixtape in America

 "エレクトロニック・ミュージック" のミックステープの歴史をUSの視点から追う

The History Of Ambient House 1988-95 part 2

アンビエント・ハウスとは一体何だったのか? チルアウト・ミュージックにおける隆盛と没落のストーリーをPART 1&2に分けて紐解いていく

The History of Ambient House 1988 95 Part 1

アンビエント・ハウスとは一体何だったのか? チルアウト・ミュージックにおける隆盛と没落のストーリーをPart 1&2に分けて紐解いていく

Sapphire Slows Lost In Barcelona

RBMA卒業生のSapphire SlowsがSónar Music Festival 2016の思い出を振り返る。

Raster-Noton on Twenty Years

Carsten Nicolai、Olaf Bender、Frank Bretschneiderの3人がRaster-Notonの歴史を振り返る

Akiko Kiyama Taico Club 16 Interview

ベルリンから東京に活動拠点を移したミニマルテクノの奇才Akiko Kiyamaに制作の背景を聞いた

Mumdance Lectue At THE STAR FESTIVAL

RBMA Tokyo 2014の卒業生が京都のフェスティバルで開催したレクチャーの模様をレポートする

Black Artist Owned Labels

Sam Cooke、Curtis Mayfield、James Brown、George Clinton、Princeは揃ってキャリアのピークに自分のレーベルを立ち上げた。その歴史を振り返っていく

Report Red Bull Music Academy Festivals 2016

2016年4月から6月にかけて国内3カ所で開催されたRed Bull Musif Academy Fesivals 2016の模様をレポートする

Roller Skating in Detroit

デトロイトのカルチャーを支えるローラースケートの魅力

London Music Logos

ロンドンのミュージックシーンを代表するロゴが生まれた背景を探る

RBMA 2016 Montreal Participants Part 4

Red Bull Music Academy 2016 Montrealの参加者を紹介

RBMA 2016 Montreal Participants Part 3

Red Bull Music Academy 2016 Montrealの参加者を紹介(Part 3/4)

RBMA 2016 Montreal Participants Part 2

Red Bull Music Academy 2016 Montrealの参加者を紹介(Part 2/4)

RBMA 2016 Montreal Participants Part 1

Red Bull Music Academy 2016 Montrealの参加者を紹介(Part 1/4)

Future Instruments of the Past

過去に製作された未来の楽器を紹介

The Art of Spiritual Jazz

スピリチュアルジャズのアルバム群に描かれたアートワークを紹介する。

Prison Music

音楽は刑務所内の重要な更正手段のひとつとして考えられてきた。Johnny Cash、The Clash、Duke Ellingtonなど錚々たるミュージシャンたちが関わってきたその歴史を振り返っていく。

Photo Gallery RBMA Stage Rainbow Disco Club 2016

GWに開催されたRainbow Disco Club 2016のRBMA Stageを写真で振り返る

Photo Mixtape Grime

グライムシーンに関わる3人のフォトグラファーの作品を本人たちのコメントと共に紹介する。

Ena Balance and Dissonance

J-Popとエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージックの世界を行き来する日本人プロデューサーEnaのバランス感覚を探る。

Interview Lee Ranaldo

Sonic Youthのギタリストとして活躍したマルチアーティストが幼少期とかつてのニューヨークについて語った。

THE STAR FESTIVAL 2016 DJ NOBU All Night Long Mumdance Lecture

Star FestivalのRBMAステージはDJ NOBUのオールナイトロングセット& MUMDANCEのレクチャーを開催!

Jimmy Jam on Rhythm Nation 1814 pt2

リリースから25年以上が過ぎた今も高い人気を誇るJanet Jacksonの歴史的アルバムについてプロデューサーが当時を振り返った。(Pt. 1はこちら)

Jimmy Jam on Rhythm Nation 1814 pt1

リリースから25年以上が過ぎた今も高い人気を誇るJanet Jacksonの歴史的アルバムについてプロデューサーが当時を振り返った。全2回で紹介する。

Vinylmania An Oral History

1980年代のニューヨークのダンスミュージックシーンを牽引したレコードショップの歴史をオーナーと元スタッフが振り返る。

Interview Suishou No Fune

世界的な人気を誇る日本のサイケデリックロックバンド水晶の舟。ヴォーカル&ギターの紅ぴらこの貴重なインタビューを紹介する。

Taicoclub Rainbow Disco Club

海外来日フェスブームの最中、海外で評価されるふたつの純国産フェスのオーガナイザーがお互いの視点やアイディアなどについて語り合った。

Water Music Hydraulophone

ウェアラブルテクノロジーの先駆者として知られるカナダ人発明家が液体の振動を利用した楽器の研究を進めている。

interview Chelsea Wolfe

光と闇:コントラストを愛するシンガーソングライターがこれまでのキャリアを振り返った。

Gourmet Synthesis Denki Soba

"天下の台所" 大阪で異彩を放つ、電子音が楽しめる蕎麦屋

The End of The Beginning AIR Closing

2016年を迎えると同時に14年の歴史に幕を閉じた代官山のクラブ "AIR"。このクラブが東京のクラブシーンで果たした役割とシーンの未来について浅沼優子が考える。

Post Fukushima Protest Music

東日本大震災から5年が経過した。その5年間で反核・反原発を歌う音楽はどう変わったのか − 在日米国人ジャーナリストPatrick St. Michelが追った。

agraph Anchorsong Yosi Horikawa

エレクトロニック・ミュージックを独自の視点で捉えて表現を続けるアーティスト3人のトークセッション

RBMA lecture in tokyo

Red Bull Studios Tokyoで2日間に渡り開催されたRBMA Montreal 2016へ向けてのスペシャルレクチャーの様子をレポートする。

J Dilla Favorite Flips

J Dillaの名盤『Donuts』で複数回使用されたサンプルを図解する。

EVENT REPORT : RED BULL MUSIC ACADEMY MTL 2016 WORKSHOP SESSION 東京 @RED BULL STUDIOS TOKYO

Earth Wind Fires Thats the Way of the World

故Maurice Whiteが率いた伝説のグループの代表作について当時のキーボードプレイヤーが振り返った。

EVENT REPORT : RED BULL MUSIC ACADEMY WORKSHOP SESSION @ KYOTO METRO

GALLERY: RED BULL MUSIC ACADEMY WORKSHOP SESSION @ FUKUOKA KIETH FLACK & SENDAI CLUB SHAFT

Interview Hudson Mohawke

Red Bull Music Academy 2007の卒業生がスクラッチDJ時代やアルバム制作について語った。

our time with rei harakami 

日本のエレクトロニック・ミュージックの可能性 を切り開き、40歳の若さで惜しまれつつ逝去したレイ・ハラカミ の音楽と その時代を振り返る。

Full Metal Jackets

ヘビーメタルへの忠誠を示すジャケットを集めたフォトプロジェクト

Interview Mariahs Yasuaki Shimizu

日本を代表するサキソフォンプレイヤー・作曲家がかつて率いたバンドMariahの名盤『うたかたの日々』と当時の日本のシーンについて振り返った

David Bowie RIP

唯一無二のミュージシャン、プロデューサー、作家、役者として活躍した異星人の死を悼む。

RED BULL MUSIC ACADEMY MONTREAL 2016

RED BULL MUSIC ACADEMY MONTREAL 2016

Interview DJ Funk

近年はフットワークのインスピレーションとしても尊敬される、シカゴゲットーハウスを代表するアーティストDJ Funkが語る過去・現在・未来。

10 Mixes New Years Eve

電子の海に残されているカウントダウンパーティDJセットのベスト10を紹介する。

An Exclusive Interview with Lee Scratch Perry After His Studio Fire

12月頭にスイスのプライベートスタジオを焼失したLee “Scratch” Perry。火事について本人が振り返る。

Happy Hardcore

ダンスミュージックの黒歴史として扱われることも多いUK発のジャンルを今改めて振り返る。

Interview: Gilles Peterson’s Inspirations and Influences

ラジオ番組のホスト・プロデューサー・レーベルオーナーなど様々な顔を持つUKを代表するDJが語る音楽的影響やキャリアの変遷

Mike Huckaby on the Berlin-Detroit Connection Ron Murphy and more

DJ・プロデューサー・教育者と様々な方面からデトロイトを支えるレジェンドが様々なトピックについて語る

French Rap Essentials

RBMA PARIS 特集 PART 11:フレンチ・ヒップホップの名盤10枚を紹介

A Guide to Jean-Michel Jarre’s Biggest Live Performances

RBMA Paris 特集 Part 10:フランスが誇る世界的なシンセサイザープレイヤーの代名詞でもあるメガコンサートの数々を本人の言葉で紹介

A Brief Republic of Partying

RBMA PARIS 特集 PART 9:1990年代初頭のパリを彩ったレイヴオーガナイザーたちの姿を振り返る

Le Pulp: The Politics of Dancing

RBMA PARIS 特集 PART 8:パリのLGBTコミュニティの社会認知に大きく貢献した伝説のクラブの歴史

French Prog Essentials

RBMA PARIS 特集 Part 7:フレンチプログレの名盤を紹介

RBMA Paris - Photo Highlights: Term 1

Red Bull Music Academy Parisの前半のハイライトを写真と共に振り返る

Capital Frequencies Underground Paris Radio in the 90s

RBMA PARIS 特集 PART6:90年代のパリを多種多様な音楽で彩ったアンダーグラウンドラジオの歴史

The Rise and Fall of French Touch Part 2

RBMA PARIS 特集 PART5:フレンチ・タッチの隆盛と没落のストーリーを2部構成で紹介する。Part 2では、Respectの隆盛からフレンチ・タッチ・ブームのその後までを追っていく。

The Rise and Fall of French Touch pt1

RBMA PARIS 特集 PART4:フレンチ・タッチの隆盛と没落のストーリーを2部構成で紹介する。Part 1では、レイブ時代の熱狂と終焉までを追っていく。

10 YEARS OF RBMA RADIO: Live from Red Bull Studios Tokyo

Red Bull Music Academyのインターネットラジオ「RBMA Radio」の10周年記念番組をストリーミング配信。東京から世界へ向けて配信されたDJ KRUSH、DJ NORI、Sapphire Slows、Sauce81の番組アーカイブをお聴きください。

Red Bull Music Academy Presents LOST IN KARAOKE 2015

The Art of French Boogie

フレンチブギーの迷アートワークを紹介

The Greatest Week in the History of Avant-Garde Jazz

RBMA PARIS 特集 PART2:アヴァンギャルドジャズ史上に燦然と輝く1969年のパリの1週間を紐解いていく。

Serge Gainsbourg: The Reggae Years

RBMA Paris 特集 Part 1:フランスを代表するアーティストのレゲエ時代を振り返る。

Partying During Wartime

クリミナル・ジャスティスから紛争時のバルカン半島、アフガニスタンへの従軍までをも経験した、ある男の半生

Last Night a DJ Saved My Soul

ハウスとテクノと宗教の関係性に迫る

B-Free and Korean Hip Hop

韓国人ラッパーB-Freeが明かす、コリアン・ヒップホップの現状

Red Bull Music Academy - LOST IN KARAOKE -

10/22(木)「LOST IN KARAOKE」再び開催
日本のカルチャーを代表する強力ラインナップで、東京から全世界へ発信!

Interview: Minecraft’s Soundtrack Composer C418

大ヒットゲーム『Minecraft』のサウンドトラックを制作したドイツ人アーティストを紹介

A Tribute to Graphic Designer Shusei Nagaokaグラフィックデザイナー長岡秀星の足跡

今年逝去した日本人グラフィックアーティストの作品群を振り返る

Nisennenmondai × Rashad Becker

ニュー・アルバム『#N/A』にかかった“マスタリング”という魔法

Who Gives A About A Goddamn Grammy

ジャーナリストBill Adlerが振り返るヒップホップの歴史の1ページ

RED BULL MUSIC ACADEMY PARIS 2015

あらゆるジャンル、国籍のミュージシャン、クリエイターたちが文化の中心パリで繰り広げるアーティスティックでエキサイティングな1ヶ月!!

Beyond the Bleep A Guide to Indie Game Composers

ビデオゲームミュージックシーン注目のコンポーザー/アーティストを紹介

The Do-Over in Tokyo

今年で10周年を迎えたLAを代表する野外フリーパーティー「The Do-Over」 東京編を写真で振り返る!

Welcome To The New Age Disco: The Untold Story of London Techno, 1989-1997

UKテクノ黎明期のロンドン周辺のアーティストとレーベルの歴史を振り返る

『ATLAS UNFOLDED』: Short movie for solo debut album

The Legend of the Rhythmicon, the World’s First Drum Machine

テルミンの生みの親が手がけた希少なドラムマシンを紹介

Interview: Noise Rock Duo Lightning Bolt

ロードアイランド出身のベテラン・ノイズロックデュオとの対話

Worldwide Festival 「Japan Night」

A Guide to Afrobeats

現在UKのダンスミュージックシーンで最も勢いのあるジャンルのひとつを紹介

Interview: Music Video Director Dave Meyers

ポップミュージックを代表する数々のミュージックビデオを手がけてきた名監督との対話

Interview: Fiedel, Berghain ResidentFiedel インタビュー

Ostgut時代からBerghainのレジデントを務めるベテランDJの歴史

The Soulquarians at Electric Lady: An Oral History

当事者たちが振り返るSoulquariansとElectric Lady Studiosの歴史

Nightclubbing: The Loft, Boston’s Birthplace of House

Armand Van Helden、DJ Bruno、Francis Englehardtなどが80年代を代表するボストンのクラブを振り返った。

beat:repeat NYC 

The Album Design of Yokoo Tadanori日本を代表するアーティストが手がけたアートワークを紹介

日本を代表するアーティストが手がけたアートワークを紹介

Interview: Hip Hop Great Large Professor

ニューヨーク・ヒップホップの立役者のひとりがキャリア初期を振り返る

The Class of 2015

日本からはSapphire Slows、Crystal / Sparrows が決定!!

Beakers and BPMs: The Fascinating Double Life Of Teklife’s Boylan

教師とフットワークアーティストという2つの顔を持つ男の魅力

Keigo Oyamada x Koichiro Tsujikawa Interview

x

Interview: Hit-Boy

Hit-BoyがGOOD Musicを離れてからの活動について語った。

今年で10年目を迎える「TAICOCLUB’15」。昨年はサカナクションの山口一郎氏、そしてミニマル・テクノの第一人者であるダニエル・ベル氏によるパブリックレクチャーや、RBMAによるドキュメンタリー映画の上映がレッドブル・ミュージック・アカデミー(以下RBMA)のブースにて行われたが、今年はRBMAステージとして、アカデミー卒業生を含む9組のアーティストたちによるパフォーマンスが繰り広げられた。           ・ WHITELIGHT
会場の基本音響設計はWHITELIGHTによるもので、メインスピーカーを前後左右に4ch、無指向型スピーカーを4ch、計8chのスピーカーシステムで、独立音源を再生出来る環境にセットアップされた。RBMAのステージは、このWHITELIGHTによる無人のセットで幕を開けた。国内外の様々なプロジェクトの第一線でサウンドデザインを手がける彼らだが、今回は、北海道で録音したフィールドレコーディング音源に、シンセや楽器の音をのせたオリジナル・トラックで、マルチチャンネル再生を試みたという。こうして会場は、神秘的な空間へと変貌していき、厳かな雰囲気の中、RBMAのステージがスタートした。             ・Albino Botanic
21時を回りRBMAステージが蝋燭の幻想的な光に包まれる中、Albino SoundとSayaka Botanicによるこの日限りのユニット、Albino Botanicによるアンビエントセットが披露された。ギターを抱えて登場したAlbino Soundは、昨年の秋に開催されたRed Bull Music Academy Tokyoに、世界59カ国6000名を超える応募者から選出されて参加しており、ゴールデンウィークに開催された「RAINBOW DISCO CLUB」のRBMAステージでも初日のトップバッターを飾っているが、この日は大きな盛り上がりを見せる他のステージを尻目に、大自然の暗闇に溶け込んでいくような幻想的なステージを披露していた。音響ノイズの中にギターの音色を織り交ぜながら楽曲を構築していくスタイルはFenneszを思わせるが、「音楽を作ったり即興でライブをする時はスポーツをしている時と同じ感覚で作っています」と彼が言うような偶発的な表現とSayaka Botanicのバイオリンが加わることでよりダイレクトに想像力を掻き立てられるサウンドが生み出されていると感じた。           ・Young Juvenile Youth
続いて登場したのは、シンガーのYukiとソロでも活動するトラックメイカー、Jemapurによるユニット、Young Juvenile Youthだ。4月にiTunes Storeでデビューミニアルバム『Animation』を先行リリースし、CD版のリリースを6月3日に控えている彼らのライブを一目見ようと、ステージには多くのオーディエンスが詰めかけていた。Yukiのカリスマ性のある佇まいから発せられる歌声は意外にも端正で、Mice Paradeのサポートアクトを務めたこともあるJemapurのシンプルでありながらどこかいびつなトラックを、とてもポップで開かれた印象にしている。Jemapurのアンビエント、エレクトロ、ロウハウスなど様々な音楽を吸収したトラックの数々を飄々と乗りこなす新人とは思えない堂々としたパフォーマンスで、今後の躍進を期待させる素晴らしいライブだった。       ・Ryo Murakami
12時を回ると、深夜の訪れを告げるようにRyo Murakamiのパフォーマンスが始まった。繊細に変化する音の質感と破壊的なダブ処理から生み出されるアブストラクトな音像は夜の大自然と相まってダークな世界観を構築しており、一聴すると難解で複雑な印象を受けるが、時折鳴り響く現在のロウハウスシーンとも共鳴するようなキックやミニマルな展開によって、深遠な空間が延々と広げていくような自由さも同時に感じさせる重層的なライブだった。           ・Ametsub (Mbira+DJ)
TychoやClammbonなどのリミックスを手掛け、宮内優里と坂本龍一が年間ベストディスクに選出するなど、現在のエレクトロニカシーンにおいて圧倒的な知名度を誇るAmetsubのライブは、ピアノを中心とした美しいメロディラインとスリリングなカットアップによる独特のグルーヴを生み出しており、ライブならではの音の抜き差しやエフェクトも相まって心地よい高揚感を生み出していた。       ・Yosi Horikawa
Ametsubの美しいメロディーを引き継ぐかのようにスタートしたYosi Horikawaのステージは、浮遊感のあるビートに波の音や映画のセリフと思われるサンプルボイスを散りばめながら、まるで短編映画のように多彩な側面を見せていた。様々なジャンルを横断していながら、一貫した美学が貫かれたサンプリングセンスは、The Avalanchesなどの影響を感じさせるが、現行のクラブミュージックのエッセンスも取り入れながら、あくまで今の音として鳴らす感性は、世界中で大きな注目を集める彼にしか成し得ないと感じさせるほど圧倒的なものであり、集まったオーディエンスの反応も今日一番だったのではないだろうか。           ・砂原良徳
次に登場したのは、真っ黒な衣装とラップトップといういつもの出で立ちの砂原良徳だ。初のアンビエントセットでありながら、研ぎ澄まされたミニマルなビートとストイックな姿勢という芯の部分は決してブレることなく、グリッチ的な音響を織り交ぜながら徐々にオーディエンスの体温を上げていくスタイルはもはや職人技と言っても良いだろう。『TAKE OFF AND LANDING』からの楽曲も披露され、ベテランの凄みを見せつけられたパフォーマンスであった。           ・Lo-shi
本ステージ唯一のバンド編成での出演となるLo-shiは、リズムマシン、ギター、テルミンという珍しい編成もさることながら、テルミン担当のラルーフが野外フェスであるにも関わらず、ファーマルなシャツにジャケットという服装であったり、お互いが全く別の方向を向いて黙々と演奏したりと、ダモ鈴木や灰野敬二などの強者と共演を果たしてきたのも納得できるただならぬ雰囲気を漂わせていた。しかし、音楽自体はクラウトロックからの影響を感じさせるリズムマシンのリズムに、テルミンやサイケデリックなギターの音色を加えることで心地良いグルーヴが構築されていた。また、口琴を使うなどニューウエイヴ好きにはグッとくるパフォーマンスが披露され、意外にも実験的でありながら独特のユーモアや親しみやすさが感じられる魅力的なパフォーマンスだった。       ・A Taut Line
21時から続いたRBMAステージのトリを飾るのは、Diskotopiaのオーナーやパーティのオーガナイズを行う一方で、本隊A Taut LineとしてのリリースやGreeen Linez名義での活動など、幅広く活動するA Taut LineことMatt Lyneだ。レアグルーヴ(Manu Dibango「New Bell」もプレイしていた)から、ヒップポップ、レゲエ、テクノ、ゴルジェ、JUKEなどを、ヴェイパーウェイヴやシーパンクなどと、インターネット以降のシーンの感覚で融合させた、まるで闇鍋のような音楽性は縦横無尽でありながら、いびつなポップセンスで貫かれており、ひとつのスタイルにとらわれず様々な年代、ジャンルの音楽を取り入れようとする、彼のプロデューサーとしての探究心を垣間見ることができた。   リラックスしながら踊ったり寝転がったりしながら思い思いにオーディエンスが音楽を楽しんでいたフロアにもいつしか朝日が降り注ぎ、10時間、総勢9組にも及んだパフォーマンスは日の出とともに終了した。

今年はRBMAステージとして、Red Bull Music Academyの卒業生含む9組のアーティストによるパフォーマンスが展開

Ron Hardy at The Music Box

現在でも多大な影響力を誇るシカゴ伝説のDJの半生と彼を育てたクラブの歴史を振り返る。

Tom Oberheim & Robert Henke: A Conversation

アナログシンセサイザーメーカーの巨匠と孤高のDAWデザイナー/アーティストの邂逅

Björk, the Producer

アイスランド人アーティストBjörkの音楽の変遷を振り返っていく

Naruyoshi Kikuchi Public Lecture: Interviewer Masaaki Hara

原雅明がインタビュアーをつとめた菊地成孔のパブリック・レクチャーの全貌

Sun Ra Arkestra’s Marshall Allen on Dedicating His Life to Music

20世紀を代表する真の天才アーティストのひとりSun Raと生活と演奏を共にした経験を持つMarshall Allenが彼から何を学び、何を引き継いだのかについて語った。

GALLERY: RAINBOW DISCO CLUB 2015 RED BULL MUSIC ACADEMY STAGE

Gallery: RED BULL MUSIC ACADEMY X PARASOPHIA PUBLIC SESSION

Interview: Rainbow Disco Club x DJ Nobu

開催間近の「Rainbow Disco Club 2015」について、今年の出演者のひとりDJ NOBUとオーガナイザーのツチヤマサヒロがその魅力を語る。

Short Film: 1Up Cart Diggers

世界を代表するエレクトロニック・アーティストが日本のゲーム音楽を祝福した奇跡の夜

Detroit to NYC:Underground Resistance at New Music Seminar

デトロイトテクノ・ハウスのパイオニアたちが毎年ニューヨークへ出向いていた頃を振り返える。

A Guide to New Classical

ニュークラシック入門:クラシックを取り入れたエレクトロニック・ミュージックの世界

GALLERY: Red Bull Music Academy × Rhizomatiks presents SESSION with Human Sized Synthesizer

Lubomyr Melnyk

世界最速のピアニスト、Lubomyr Melnykがピアノに人生を捧げる理由を明かす

Real People: Chic in the ’80s

ディスコバンドChicがディスコ時代の終焉にどう取り組んだのかを探っていく

Studio Science: Logic System

YMOのマニピュレーター、松武秀樹ことLogic Systemが語る「シンセサイザーのプログラミングと音色の作り方」

GALLERY: RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS BLACK COFFEE JAPAN TOUR

Young Chicago

ドリルシーンの誕生をきっかけに新世代のラッパーが台頭してきているシカゴのヒップホップシーン。その再生を担う中心的存在を紹介する

A history of dance music radio in Detroit

MojoからLisa Lisaまで - デトロイトのダンスミュージックラジオの歴史を振り返っていく

GALLAREY: RED BULL MUSIC ACADEMY WORKSHOP SESSION × メトロ大學

Thurston Moore’s Musical Education

Sonic YouthのギタリストThurston Mooreが幼少時代やバンド初期について語った

GALLERY: Red Bull Music Academy X Digital Choc - Arigatô Tokyo, Bonjour Paris "Egyptology Selection"

RBMA Paris Application Info

RBMA PARIS 2015アプリケーション受付開始!応募期間は2015年1月21日(水)から3月4日(水)まで。

GALLERY: RED BULL MUSIC ACADEMY WORKSHOP SESSION @ FUKUOKA KIETH FLACK

black coffee

ハウス・ミュージックで夢を叶え、希望を与える南アフリカのスター

Interview: D’Angelo

神出鬼没の天才D’Angelo - 突如としてリリースされたニューアルバム『Black Messiah』の背景に迫った

Japanese Collector Culture

たったひとつのアイテムへの拘りが自宅を埋め尽くす、日本人コレクターたちの世界

yellow flyers

あの『Yellow Mag』を一挙デジタル・アーカイヴした特設サイト

space lab yellow

東京のダンス・ミュージック・シーンを牽引した、伝説のクラブが残したもの

Various Assets – Not For Sale: Red Bull Music Academy Tokyo 2014

2014年秋、Red Bull Music Academy Tokyo 2014 で生まれた音楽35曲のコンピレーションをリリース

Top 10: Boredoms Side Projects

日本が誇る不屈のサイケ・バンドから派生したサイド・プロジェクト10選

A Guide To Boredoms

ニューヨークで活躍するイギリス人ライターが紹介するBoredomsの魅力

SWITCH X RBMA TOKYO 2014

「SWITCH x Red Bull Music Academy Tokyo 2014 SPECIAL ISSUE」の発売を記念したラジオ番組の生放送が決定

ARIGATO TOKYO... BONJOUR PARIS!

Red Bull Music Academy Paris 2015 アプリケーション受付開始!応募期間は2015年1月21日(水)から3月4日(水)まで

tatsuro yamashita

除川哲朗が分析する、ジャパニーズ・ファンクの名匠の比類なき才能

Top 10: Danceable Kayou-kyoku

Crystalが選ぶ、ダンスフロアで映える歌謡曲トップ10

makoto kubota and indigenous music

祭祀音楽と伝統芸能に魅せられた音楽家を大石始がインタビュー

enka and psychedelic music

日本のアヴァンギャルド音楽のルーツとしての演歌、その考察

A Guide to Keiji Haino

オーストラリア人音楽ライターが解説する、灰野敬二を知るための15枚のアルバム

Japanese Handcrafted Sound

職人の技で少量生産される、日本のユニークでニッチな音楽機材

Jazz In Japan

日本におけるユース・カルチャーとしてのジャズとフュージョン・リヴァイヴァル

Essential Japanese Jazz Fusion

小川充がセレクトする、聴かれるべき日本のジャズ・フュージョン

RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS TEST PATTERN [Nº6] : RYOJI IKEDA

知覚の極限が試された光と音の特別展示を映像と写真で振り返る

The Making of Vocaloid

東京在住のアメリカ人音楽ライターによる、Vocaloidと初音ミクの誕生物語

Top 10: Innovative Japanese A/V Works

最新のテクノロジーを駆使した、日本人作家によるオーディオ・ヴィジュアル作品10選

HUMAN SIZED SYNTHESIZER

真鍋大度が語る、渋谷に現れた巨大シンセサイザーの秘密

RBMA Radio - A Tribute To Japanese Underground House

東京への感謝の意を込め、RBMAのYannick Needsが日本の初期アンダーグラウンド・ハウスのトリビュート・ミックスを制作。

JAPANESE HARDCORE PUNK BANDS

行川和彦が選ぶ、日本のパンク・ロック/ハードコア史の最重要バンド10組

The Best of the 2014 Red Bull Music Academy in Tokyo

ハイライトで振り返るRBMA Tokyo 2014

kou machida interview

INUのフロントマンから芥川賞作家へ 町田康のパンク・スピリット

Peace Music Studio

スタジオ・オーナー/エンジニア中村宗一郎、プロデューサー石原洋、ミュージシャン坂本慎太郎による3者対談

Future Instruments

13名のアーティスト、ミュージシャン、デザイナーが考える、200年後の世界の楽器

roland by the numbers

数字で見る、日本が誇る楽器メーカーの世界で愛されるマシンたち

isao tomita comic

一條裕子が描く、冨田勲が電子音楽に目覚め自らの音を生み出すまで

yoko kanno interview

日本のアニメに革新をもたらした作曲家の、広がり続ける音楽世界

Toru Takemitsu

小沼純一が紐解く映画音楽の巨匠とその進歩的アプローチ

ukawa naohiro interview

コンテンポラリー・アーティストとしての宇川直宏とDOMMUNEの今

ymo

スペシャル・サイト:ソロ作品に見る偉大なるトリオの功績

YMO

Yellow Magic Orchestraの音楽を支えたMIDI以前の機材変遷を田中雄二が解説

Gallery: RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS 6852: STRATOVOLCANIC VINYL

青山のヴェニュー3ヶ所が狂乱のグルーヴに彩られた夜を写真で振り返る。

DJ KRUSH X WASHO: THE GARDEN BEYOND

映像で迫るDJ KRUSHと純邦楽の邂逅

WHEN DAMO MET CAN

カナダのオルタナティブ・コミック作家が描く、鈴木ダモとCANの出会い

ZANZIBAR: AN ORAL HISTORY

証言で綴る、ニュージャージーの伝説のクラブZANZIBARの歴史

INTERVIEW: CORNELIUS

コーネリアス、シンクロナイズとコラボレーションの8年間を振り返る

PIZZICATO FIVE

90年代のアメリカに映った、ピチカート・ファイヴの魅力

HUMAN SIZED SYNTHESIZER

渋谷に巨大シンセサイザーが出現

interview tadashi yabe

DJとUNITED FUTURE ORGANIZATIONと、ジャズ

interview: isao suzuki

日本が誇るジャズ・ジャイアント、その冒険に満ちたキャリアを振り返る

BTC: Back To Chill

東京からベース・ミュージックを発信、Goth-Trad率いるアーティスト集団

OFF SITE: IMPROVISED MUSIC FROM JAPAN

「音響系」と呼ばれた静音系即興音楽の始まりと今

SUSHI SEQUENCER

世界で最も「美味しい」音楽制作マシン誕生

DJ KRUSH: BUILDING IT

オンライン・コミック第2弾は、中田春彌が描くDJ KRUSHの音作りの精神

Red Bull Music Academy Tokyo 2014: Open House

Red Bull Music Academyの内部を11月1日(土)に一般公開

top 10 rising producers

注目すべき10名の日本人エレクトロニック・ミュージック・プロデューサー

tsutomu noda

Derrick Mayが『ele-king』編集長の野田努をインタビュー

DJ NOBU

現在日本で最も多忙で努力家なDJに、Mike Sundaが話を聞いた

Top 10: ’90s Japanese Techno Classics

Takaaki Itohが選ぶ、90年代のダンスフロアを彩ったジャパニーズ・テクノ

THE BIRTH OF TECHNO IN JAPAN

日本におけるテクノ黎明期 :音楽メディアが取り上げなかったDIYシーン

interview: takkyu ishino

石野卓球が語る、ニューウェイヴとユーモアとテクノ

The Rise of MF Doom

オンライン・コミック・シリーズ初回は、謎に包まれたラッパーの誕生秘話

image test

ドイツのアヴァンギャルド作曲家を変えた日本文化との出会い

RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS EMAF TOKYO 2014

国内外の最先端エレクトロニック・アーティストが50組以上揃った2DAYフェスを写真で振り返る。

GALLERY: Red Bull Music Academy Presents Wails to Whispers

ノイズとアンビエントの両世界が共存したスペシャルなコンサートを写真で振り返る。

David Sylvianと日本

元Japanのフロントマン の半生における日本という国の重要性

killasan x hard wax

知られざる、サウンドシステムと友情の物語

Gallery: RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS DORIAN CONCEPT LIVE

Dorian Conceptを筆頭に、才能溢れるアーティストがWWWに集結した夜を写真で振り返る。

DBS: Drum & Bass Sessions

ベース・ミュージックのルーツから先端へと導くパーティー

GALLERY: RED ZONE – A RED BULL MUSIC ACADEMY SPECIAL

ヒップホップ一色に染まったRed Bull Music Academy Tokyo 2014イベント第2弾を写真で振り返る。

Top 10: Reggae Tracks from Japan

石井志津男による、日本から発信されたレゲエ・トラック10選

anything

時代を先取りした日本のダブ・バンド、その歴史

RBMA Tokyo Live from the YouTube Space Tokyo

RBMA Tokyo 2014 の期間中、ここでしか見ることのできない貴重なパフォーマンスをライブで配信。

Interview: David Novak

カリフォルニア大学民族音楽学准教授、『Japanoise』著者が語るノイズ、フクシマ

Interview: Masaya Nakahara

暴力温泉芸者、HAIR STYLISTICSの音楽家と東京の音楽文化史を辿るインタビュー

The Birth of Noise in Japan

西の非常階段・東のMERZBOWを起点とするジャパニーズ・ノイズの音楽史

Interview: Toshio Nakanishi

Plastics、Melon、MAJOR FORCE、Skylabなどで知られるキーパーソンに迫る

The Birth of Hip Hop in Japan

荏開津広が綴る、日本におけるヒップホップの誕生とスタイルの進化

Interview: DJ Muro

Interview: DJ Muro

Top 10: Japanese Hip Hop Classics

ジャパニーズ・ヒップホップ10選 - 広く愛され、影響を及ぼした名曲を紹介

Gallery: RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS DOHYO-IRI

Red Bull Music Academy Tokyo 2014の幕開けとなった夜を写真で振り返る。

Daisuke Tanabe on the Struggles of Being a Full-Time Artist in Japan

RBMA卒業生が、ニューアルバムと日本でのアーティスト活動における苦悩などについて語った。

LASTorder Interview

今年2ndアルバムを発売した話題の若きプロデューサーが、自身の作品作りの秘密を明かした。

submerse interview

デビュー・アルバムをリリースしたばかりのイギリス出身の気鋭プロデューサーが、音楽や日本について語った。

Interview: Streets of Rage’s Yuzo Koshiro

国や時を超えて絶大な影響を与えてきたゲーム音楽作曲家のルーツに迫る

Interview: Street Fighter II’s Yoko Shimomura

『ストリートファイターII』の音楽が生まれるまでの、苦悩と情熱

J-Pop: A Video Guide

長年J-Popの奇妙な世界についての記事を執筆し、アニメ関連サイトJapanatorなどへ寄稿してきた音楽評論家Zac BentzがJ-Popアーティスト11組について紹介した2012年の記事を紹介する。

NIGHT SLUGS LABEL SHOWCASE

縦横無尽にジャンルを横断するUK発レーベル、アジア初上陸の一夜

Interview: Bok Bok

Night Slugsを仕掛ける重要人物が思いの丈を明かす

When Tony Allen Met Fela Kuti

ナイジェリア出身の稀代のドラマーの人生を変えた、パートナーとの出会い

Interview: Paul Woolford on Special Request, Pirate Radio and Shut Up and Dance

エレクトロニック・ミュージックは常にノスタルジアとフューチャリズムの間で揺れているが、Paul WoolfordのプロジェクトSpecial Requestはその2つの理想を結びつけた例だ。Special Requestの音楽は一聴しただけでは古くて馴染み深いものに聴こえるが、「保存」と「再発明」が同時に実現されている。

History of house music that was drawn in cartoon

Daft Punkとも旧知の仲である作者たちが、ハウスの歴史を描いたコミック『マシーンズ・メロディ パリが恋したハウス・ミュージック』の日本語版が遂に刊行。これを機に原作者のDavid Blotがインタビューに応え、本書を振り返る。

Interview: The Awesome 2 on LL Cool J, The Real Roxanne, and Hip Hop’s Early Days

ヒップヒップラジオのキングことSpecial KとTeddy Tedがヒップホップ黎明期の思い出を語った。

DITC Episode 2

Episode 2「次元を越えた8ビットの世界」

Interview: Nicky Siano on Larry Levan, Frankie Knuckles and The Gallery

今年7月にA Tribute to Larry Levanで来日したのも記憶に新しいNicky Siano。1970年代にThe Galleryを立ち上げ、当時のニューヨークのナイトライフを先導した伝説のDJである彼が、ディスコ創成期などについて語った。

System Clash: Jah Shaka

Red Bull Music Academy 2014で来日するJah Shaka。世界最高のサウンドシステムのひとつと称賛されるそのサウンドの特徴を、筆者の体験を通じて紹介する。

Diggin' in the Carts

日本のテレビゲーム音楽に隠された歴史を探るドキュメンタリーシリーズ 本編の視聴はこちらから

We All Wanna Be Prince: Exploring The Purple One’s Impact on Dance Music

先日2枚のニューアルバムのリリースが決定したPrinceだが、彼ほどダンスミュージックに多大な影響を与えたアーティストはいないに等しい。今回はハウスとテクノの誕生にまで与えたその影響の大きさに迫る。

Fugazi, Live at the White House, 1991

Diggin' in the carts trailer release

日本のテレビゲーム音楽に隠された歴史を探る、全6話(各15分)のドキュメンタリー・シリーズの予告編を公開。本編は9月4日(木)から毎週木曜日、1エピソードずつ順次公開予定。【10月13日 更新】公開日を延期としていたエピソード6の公開日が10月16日(木)に決定しました。

Wild Style Breaks: The Untold Story

1981年6月のある3日間に渡り、映画監督、ヒップホップアーティスト、ドラマーの3人がマンハッタンのBlank Tapesスタジオに集まり、音楽史に燦然と輝くヒップホップムービー『Wild Style』のサウンドトラックを制作した。Phillip Mlynerが当時の状況を追った。

LAYERED MEMORIES:
-SEARCHING FOR SOUND WITH YOSI HORIKAWA-

Yosi Horikawaが音で再現する屋久島の生命力 - ドキュメンタリー作品の視聴はこのページから。

Gene Page: The Best of the Motown Arranger Extraordinaire

Gene Pageの名前は数多のクラシックなソウルレコードの輝きに穏やかな光を加えている。多作で知られたLA出身のこのアレンジャー(編曲家)はBarbra Streisand、Whitney Houston、Lionel Ritchieなどポップシーンの重鎮たちと仕事を重ねてきたが、ソウルミュージックの神殿にその名を永遠に刻むことになったのは、1960年代から1970年代にかけてBarry Whiteとコンビを組んでMotownからリリースした作品群だ。

Interview: Lubomyr Melnyk on Achieving Transcendence Through the Piano

「コンティニュアス・ミュージック」(Continuous Music)への誘い:ウクライナ出身のピアニスト/作曲家が、自身の追求する高速で多層な音楽を解説する。

RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO 2014 2nd event program announcement

およそ1ヶ月に及ぶ音楽イベントの豪華プログラムを追加発表! Carl Craig, James Holden, Oneohtrix Point Never, Tiger & Woods など

Beef Patty: Duke Reid x Coxsone Dodd

激しいビーフを繰り広げたジャマイカ人アーティストはBeenie ManとBounty Killerだけではない。ジャマイカの音楽業界ではサウンドシステム同士のテリトリー争いと共に、早くからキングストンのダウンタウンのストリートで激しいバトルが繰り広げられてきた。1950年代にはArthur “Duke” Reidと “Sir” Coxsone Doddがお互いの人気に傷をつけようと、腕の立つストリートギャングたちを雇ったため、観客動員数の増加やサウンドクラッシュでの勝利が高くつく時もあった。今回はDavid KatzがDukeとSirの奇妙なライバル関係(及び友情)を探り、実際に起きた(または噂された)暴力がいかにジャマイカの音楽の形成に関与していたのかを探っていく。

Interview: Death Waltz’s Spencer Hickman on Soundtracks, Art, and Reissue Culture

世界で最も不気味なサウンドトラックをリリース/再発するレーベルDeath Waltzのボスに話を聞いた。

Interview: Arthur Brown on Jimi Hendrix and The First Drum Machine

The God of HellfireことArthur Brownが自らの半生について語った。

The Roots of Techno: Detroit’s Club Scene 1973 - 1985

デトロイトテクノ誕生に関わったクラブとDJの忘れ去られた歴史

Bok Bok and Girl Unit: A Conversation

Night Slugsの2人が、今後の方向性や実験的姿勢、時代を超越したポップミュージックに関して語ること。

Event Guide: Red Bull Music Academy Tokyo 2014

Red Bull Music Academy Tokyo 2014のイベントプログラムを一挙に紹介 10/12-11/14まで都内各所で開催 - チケット発売中

Being There: Ambient Loops from Famous Sci-Fi TV and Movies

『ブレードランナー』、『スタートレック』、『エイリアン』など、SF映画/TVシリーズのアンビエントサウンドを使ったループの数々を紹介する。

The Ultimate Lee ‘Scratch’ Perry Guide

David KatzがLee ‘Scratch’ Perryのオリジナルアルバムすべてを紹介する。
(Part 1はこちら)

The Ultimate Lee ‘Scratch’ Perry Guide

Lee ‘Scratch’ Perryの名前が正式にクレジットされている全オリジナルアルバムをDavid Katzが紹介する。

D1: A Dublin Techno Institution

テクノが根付いている都市としてのダブリンの認知度は低い。この都市のエレクトリックミュージックの歴史は、黄ばんだファンジンや、とうの昔に期限切れになったドメイン名の中に埋もれている。時折、細かく分かれたシーンが生まれるものの、その大半は国内でも国外でも認識されていない。夜間の公共交通機関が充実しておらず、アルコールのライセンス法の問題や利益重視のヴェニュー、そして非常に保守的なメディアなどがこの状況を継続させており、その結果、何十年にも渡り、若いアーティストたちがロンドン、ベルリン、ニューヨークへと流出し続けている。

A TRIBUTE TO LARRY LEVAN 2014 - RED BULL MUSIC ACADEMY EDITION - Report

エレクトロニックミュージック界の伝説ラリー・レヴァンが死去し20年以上の時が流れたが、生前のパラダイス・ガレージでのプレイや音楽性は、時代を超えて音楽文化や新人アーティスト、そして世界中の音楽ファンに影響を与え続けている。

Interview: MC5 Manager John Sinclair on the White Panther Party, Sun Ra and Poetry

元MC5のマネージャーがマリファナ合法化活動、John Lennon、Sun Raなどとの関わりについて語る。

Style Council: How Paul Weller Threw It All Away

Paul WellerはThe JamでUKを代表するポップスターとなったが、次に取り組んだThe Style Councilで世間を唖然とさせた。

Rap 1.0: A History of the Early Hip Hop Internet

ストレージが大きいにも関わらず、インターネットの記憶力は驚くほど悪い。 インターネットはありとあらゆる過去のイテレーションの記録を貪り食い、それを時代遅れのものにしながら急速に変化していく。ユーザーはAOLやAltaVista、IRCなどのチャットがかつて存在したこと、そして「You’ve Got Mail」というあのフレーズを憶えているかも知れないが、当時これらを使って作られていたコンテンツ、消費されていたコンテンツへの再訪は簡単ではない。よって、インターネットユーザー、そして彼らが居を構える極小のコミュニティ群は先人たちが通った道を永遠に辿り続けることになる。

RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO 2014 - Participant Profiles (PART2/2: P-Z)

今年の参加者 世界34ヶ国を代表する59名のプロフィールを一挙公開。アルファベット順 N-Z まで。

RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO 2014 - Participant Profile (Part1: A-M)

今年の参加者 世界34ヶ国を代表する59名のプロフィールを一挙公開。アルファベット順 A-M まで。

RED BULL MUSIC ACADEMY ANNOUNCES TOKYO 2014 PARTICIPANTS

過去最多6,000通以上の応募者から選ばれた34ヶ国を代表する59名の参加者発表 - 日本からの2名を含む全59名の参加者プロフィール詳細紹介も。

LAYERED MEMORIES -searching for sound with Yosi Horikawa-

レッドブル・ミュージック・アカデミーの日本人卒業生Yosi Horikawaをフィーチャーした26分のドキュメンタリー作品の予告編を公開

Tortoise’s Pioneering Debut Album: An Oral History

シカゴが誇るポストロックバンドTortoiseのファーストアルバム『Tortoise』のリリース20周年を記念し、メンバーたちに話を聞いた。

Herbie Hancock’s Mwandishi Years

Herbie Hancockのヒットアルバム『Head Hunters』直前の時期にリリースされた奇妙だが必聴のアルバム4枚を紹介する。

The Enduring Appeal of Italo Disco

New OrderやCarl Craigに始まり、Pet Shop BoysやLa Rouxに至るまで、イタロディスコのサウンドはポップミュージックとクラブカルチャーに多大な影響を及ぼしてきた。イタロディスコフリークのDJ Benettiがその歴史を振り返る。

RBMA presents HOW GOOD IT IS! That's TODD TERJE – LIVE – @WOMB Report

RBMA presents HOW GOOD IT IS! That's TODD TERJE – LIVE – @WOMBライブレポート

From Roots to Dancehall

ジャマイカの首都キングストンはこの国の創造力の源として存在し続けているが、1970年代後半から1980年代前半にかけては、ディージェイとシンガーたちが中心となってこの都市を盛り上げた。この時期、Barrington Levy、Dillinger、Trinityなど数多くのアーティストがそれまでのキングストンの音楽の中心だったルーツレゲエを新しい音楽に変えようと試み、その新しい音楽はのちにダンスホールと呼ばれるようになった。今回はその歴史を紹介する。

sicko-mobb-feature

シカゴのヒップホップデュオがポストドリルサウンドについて語る。

Todd Terje 5 Songs

必携の5曲をランキング形式で紹介

A Guide to Strata-East

ジャズ史に残る名レーベルStrata-EastをAndy Thomasが紹介する。

RED BULL MUSIC ACADEMY STAGE MAUERPARK, BERLIN - RBMA RADIO Live Streaming

Caribou, DJ Spinn & Taso, Jessy Lanza, Sizarr, and Brandt Brauer Frick feat. Beaver Sheppard などが出演するベルリンのMauerparkの音源をRBMA Radioからライブストリーミング - 配信は6/21(土) 日本時間 23:00から。

When Malcolm Cecil Met Stevie Wonder

Malcolm Cecilは元々UKのジャズシーンでキャリアを築いていたミュージシャンだが、シンセサイザーの発展に大きく貢献した人物として、またソウル系レジェンドたちと数々のコラボレーションを行った人物として良く知られている。今回は2013 Red Bull Music Academyで行われた彼のレクチャーの抜粋を紹介する。シンセサイザーのエンジニアだった彼がStevie Wonderと出会った1971年頃を振り返る。

Interview: Brian Reitzell on Hannibal, Kevin Shields, and Japanese Soundtracks

RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS SONARDÔME 2014 - RBMA RADIO Live Streaming

6/12-14にバルセロナで行われるRED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS SONARDÔME 2014のライブ音源をRBMA Radioからライブストリーミング配信決定。配信は、期間中毎日23:00から翌 午前5:00まで。

Waiting for D’Angelo

Red Bull Music Academy Festival New Yorkでレクチャーを行ったD’Angeloについて、Jayson Greeeneが彼のファンであり続けることの意味を探る。

Gallery: RBMA Festival New York 2014

Craving The Rave: Detroit’s Electronic Music Scene in the ’90s

世界最大のテクノイベントのひとつ、Detroit Electronic Music Festival(現Movement Electronic Music Festival)の誕生に繋がった1990年代のデトロイトにおけるパーティー、プロモーター、そして当時の雰囲気を振り返る。

Red Bull Music Academy Session @ TAICOCLUB’ 14 Event Report

5月31日から6月1日にかけて、長野県のこだまの森にて開催された野外フェス「TAICOCLUB’14」。長野の大きな自然の中、突如2つのサウンドブースが設置され、国内外から26組のアーティストが集結した。快晴にも恵まれ、会場は多くの人々で賑わった。

Red Bull Music Academy Session at TAICOCLUB’14 Report

2014年5月31日から6月1日にかけて、長野県のこだまの森にて野外フェス「TAICOCLUB’14」が開催された。今回は、2つのステージに加えてレッドブル・ミュージック・アカデミー(以下RBMA)のブースが登場、Red Bull Music Academy Sessionが開催された。本イベントでは、サカナクションの山口一郎氏と、ミニマル・テクノの第一人者であるダニエル・ベル氏によるレクチャー、そしてRBMAによるドキュメンタリー映画『What Difference Does It Make? A Film About Making』の野外上映会が行われた。

Algoraving: Dancing to Live Coding

目の前で書き込まれるコードによって生まれる音楽を楽しむシーン「Algorave(アルゴレイヴ)」を紹介する。

Rock Steady’s Beginnings: An Introduction to Jamaican Music’s Most Influential Genre

ロックステディがどうやって始まったのか、そしてなぜ今でもジャマイカ音楽史で最も重要なジャンルのひとつとして残り続けているのかについて解説する。

bug-music-feature

David Rothenbergは10年以上に渡り生物が生み出す音楽について研究を重ねている。音楽家兼哲学家である彼は著作『Bug Music: How Insects Gave Us Rhythm and Noise』を最近発表した。そこからの抜粋となる今回の記事では、人生の大半をコオロギの音色の研究に捧げてきたスウェーデンに住むコオロギ愛好家Mr. Fungを紹介する。

Wax Trax: An Introduction

USにインダストリアルを紹介した伝説のインディーレーベルを紹介する。

Taicoclub Interview

オーガナイザーの安澤太郎氏にインタビュー

Blue Note in 1964

伝説のジャズレーベルBlue Noteは今から丁度50年前、わずかな数のレーベルしか味わえない最高の1年を送った。J.D. Swerzenskiがその年にリリースされた作品を紹介する。

Saturday Mass: Larry Levan and the Paradise Garage

ニューヨークのParadise Garageで伝説のレジデントDJとして活躍したLarry Levan。LevanはDJをアートへと昇華させ、ダンスミュージックの歴史において最も豊潤だった時代へサウンドトラックを提供した。80年代のParadise GarageでのLevanのプレイは、クラブ通いは儀式であるという認識を生み、彼のパーティーは「土曜日のミサ」と言われた。

Gallery: Larry Levan Street Party NYC

5月11日(日)、ニューヨーク市内で最も有名なストリートのひとつ "King Street" にて開催された『Larry Levan Street Party』の録音音源とフォトギャラリー。

The Hal of Gnawa: James Holden, Floating Points, Vessel, and Biosphere in Morocco

Kat Leinhartがアフリカへ渡り、グナワ音楽のマスターMahmoud GuiniaとMohamed Kouyouと1週間に渡り共演したJames Holden、Floating Points、Vessel、Biosphereを追った。

Larry Levan Street Party Live Streaming

伝説のDJラリー・レヴァンの功績を讃えるストリート・パーティをRBMAが全世界へ向けてストリーミング配信決定!日本時間 5月12日(月)午前1時〜午前7時まで

Bounce to This: An Introduction to Housing, Flexing, Voguing and Jersey Club

ニューヨークを中心に盛り上がる4種類のダンスミュージック / ダンススタイルを紹介するイベントBounce Ballroomがブルックリンで開催された。

RED BULL MUSIC ACADEMY STAGE @ RAINBOW DISCO CLUB 2014 Report

Rainbow Disco Club 2014にRed Bull Music Academy Stageが登場

Nightclubbing: Happy Days, London’s Sunday Scene and the Birth of UK Garage

跳ねるスネアと強烈なベースとシャンパン−UKガラージの20年間はHappy Daysというひとつのパーティーから始まった。

Interview: Neneh Cherry on Punk, Jazz and Working With Four Tet

ストリート視点の知性を備えたアーティストNeneh Cherryがユニークな幼少時代とFour Tetがプロデュースしたニューアルバムについて語った。

Contemporary modern music

阿木譲氏が「0g night “DO BLOOM IN THE SILENCE”」で提起したコンセプトをひも解く。

The Voice of the Voiceless: An In-Depth Portrait of Mali’s Hip Hop Scene Part2

マリの政治、経済、伝統の中心に位置するヒップホップカルチャーを追った渾身のレポートを2回に分けてお送りする。Part1はこちらから。

0G NIGHT "DO BLOOM IN THE SILENCE" Report

0G NIGHT "DO BLOOM IN THE SILENCE" が六本木アートナイトの夜に開催。

4/23 RBMA RADIO ON INTER FM

Rainbow Disco Club Interview

オーガナイザーの土谷正洋氏にインタビュー

The Voice of the Voiceless: An In-Depth Portrait of Mali’s Hip Hop Scene Part 1

マリの政治、経済、伝統の中心に位置するヒップホップカルチャーを追った渾身のレポートを2回に分けてお送りする。

4-16-rbma-radio-on-inter-fm

Fab Five to Black Portland: Hip Hop’s 10 Favorite Sports Teams

ヒップホップシーンに愛されたスポーツチームを10紹介する。

RIP Frankie Knuckles, The Godfather of House

3月31日にFrankie Knucklesが逝去した。「ハウスミュージック」を生み出したこのベテランDJを私たちは永遠に忘れないだろう。

Robert Hood on Being David in a Techno World of Goliaths

ミニマルテクノのパイオニアが長年のキャリアを振り返る。

RBMA Presents: H∆SHTAG$ (日本語字幕) #tbt

Red Bull Music Academy が過去に制作したコンテンツを紹介する、RBMAのThrowback Thursday #tbt - 第1回は短編ドキュメンタリーシリーズ 「H∆SHTAG$」(日本語字幕)全6エピソード。

4-9-rbma-radio-on-inter-fm

bass-camp-montreal-gallery

iconic-logos-pt3

ニューヨークの音楽史に燦然と輝くロゴの数々を3回に分けて紹介する。今回はPart 3をお届けする。

Outtakes from What Difference Does It Make? A Film About Making Music

Brian Eno, Egyptian Lover, Lee 'Scratch' Perry, Seth Troxler, Van Dyke Parksの5人が語る未公開映像

iconic-logos-pt2

ニューヨークの音楽史に燦然と輝くロゴの数々を3回に分けて紹介する。今回はPart 2をお届けする。

4-2-rbma-radio-on-inter-fm

iconic-logos

ニューヨークの音楽史に燦然と輝くロゴの数々を3回に分けて紹介する。

LECTURE:MOODYMANN, LONDON 2010

ハウスミュージック最大のミステリーと過ごす90分

3-26-rbma-radio-on-inter-fm

RBMA Radio Picks: Supermaar aka DJ MAAR

By Supermaar aka DJ MAAR   アーティストが選んだお勧めのRBMA Radioを紹介するRBMA Radio Picks 記念すべき第1弾には、Supermaar aka DJ MAARが登場!

Stretch & Bobbito Snap Back: NYC Radio Legends Recall the Best of 90s Rap

NasやNotorious B.I.G.が世に出たきっかけ-それはThe Stretch Armstrong & Bobbito Showに他ならない。毎週深夜にニューヨークで放送されていたこのインディーラジオ番組は、1990年代を代表するラッパー全員がゲスト出演したと言っても過言ではない伝説の番組として知られている。現在はもう放送されていないが、オンライン上にはファンが今でも多数残っており、人気回を録音したテープの交換が頻繁に行われている。今回はRBMA RadioのDJ、Chairman MaoがStretch(DJ)とBobbito(MC)を迎え、当時のゲストやリスナー、そして「最高のヒップホップラジオ番組」という評価を得た理由などについて語り合った(尚、Vimeo上でレクチャーが視聴できる)。

haile-selassie-in-jamaica

エチオピア帝国最後の皇帝ハイレ・セラシエ1世のジャマイカ訪問、そしてそれがジャマイカに及ぼした影響についてDavid Katzが考察する。

RBMA Stage coming to RDC 2014

4月29日(火)に晴海客船ターミナルにて開催されるRainbow Disco Club 2014に、既に発表されているMoodymann、Prins Thomasらが出演するメインステージに加え、Red Bull Music Academy(以下RBMA)が主宰するステージの開催が決定した。

Interview: Monolake on the Importance of Making Mistakes

Gerhard Behlesと共にMonolakeを結成したアーティストとして知られるRebert Henkeは、1996年のデビュー以来、ダブ、テクノ、そしてサラウンドサウンドシステムの異端児としてシーンの第一線で活躍を続けてきた。Henkeの生み出した数多の作品はダンスミュージックの形式を取りながらもサウンドの未来を追求するユニークな姿勢が貫かれている。またHenkeはデジタルミュージックの制作/パフォーマンス用ソフトウェアAbleton Liveの共同開発者としてもシーンに大きな足跡を残している。

RED BULL MUSIC ACADEMY - SonarDome at Sonar Barcelona

ミュージック+アート+テクノロジーの祭典にRBMA日本人卒業生が出演決定
2014年6月12日(木)〜14日(土)スペイン・バルセロナにて

3-19-rbma-radio-on-inter-fm

Mouse On The Keys Interview

ジャンル分け不可能な日本産トリオバンドが東日本大震災やLevon Vincentとの関係について語る。

Kez-YM-interview

第二回目は、日本人初の受講生もであるディープ・ハウス/ビートダウン系アーティストのKez YMにインタビュー。

3/12 RBMA RADIO ON INTER FM

RED BULL MUSIC ACADEMY FESTIVAL NEW YORK

2014年5月1日-31日, 1ヵ月に渡る音楽イベントがニューヨークで開催決定。
15のユニークなイベント - D’Angelo、Panda Bear、Hudson Mohowke、David Byrne、Tim Hecker、Napalm Death、Alexis Taylor(Hot Chip)、Kele Okereke(Bloc Party)、François K、Robert Henke、The Haxan Cloak、Gunplay、Wolf Eyes、Regis、Optimoなどが出演

A Guide to Neue Deutsche Welle

今回はKlaus Walterがジャーマン・ニューウェーブ(Neue Deutsche Welle。以下NDW)の歴史を取り上げ、ドイツの音楽史を深く掘り下げていく。NDWと言うと、多くの人がNina Hagen、Falcoなどをはじめとしたビッグネームを思い浮かべるが、Walterはその起源であるパンクと共に、いかにそのクリエイティブなパワーが未だにGudrum Gut、Thomas Fehlmann、Moritz von Oswaldなどに未だに影響を与え続けているのかを解説していく。

3/5 RBMA WORKSHOP SESSION FEAT. MARK FELL

3/5(水) サウンド・アートの先駆者、Mark Fellの来日公演&レクチャーを開催

RBMA WORKSHOP SESSION FEAT MORITZ VON OSWALD TRIO

モダン・ミニマルの巨匠、モーリッツ・ヴォン・オズワルドのレクチャー&ライブを東京で開催

Psychoacoustics: An Introduction

4DSOUNDのPaul OomenがAphex Twin、Steve Reich、池田亮司などの作品を例示しながら、私たちがサウンドをどのように知覚しているかについて説明していく。

SHING02 SAPPORO REPORT

日本が誇るヒップホップの革命児、SHING02を迎えてのレクチャー&イベントを開催

Funk Archaeology: From Russia, With Funk

レコードコレクターの世界は奥が深く、11年間Stones Throwのジェネラルマネージャーを務めた経験を持ち、トルコ産サイケデリックからザンビア産ソウルなど、世界中に眠るレコードを掘り続けているEgon(Now-Again)のようなハードコアなコレクターもいる。今回はMadlibとのロシアツアー中に掘り出した同国産ファンクのレア盤をツアーの様子と共に語ってもらった。

Brian Eno Lecture - New York, 2013

アンビエントや実験音楽シーンの先駆者として知られ、未来を奏でるアーティストであるブライアン・イーノがRBMAレクチャーに登壇。自らを「ノン・ミュージシャン」と呼んでいる、彼の貴重なレクチャー。

3/5 RBMA RADIO ON INTER FM

RBMA WORKSHOP SESSION FEAT.KEIJI HAINO

前衛的現代音楽のアイコン灰野敬二を迎えてのレクチャーを開催

synthi-frau

奇妙なシンセサイザーを部屋一杯に集め、ビデオカメラをオンにし、猫(Tonto)を紹介し、おもむろにジャムを始める-これがYouTubeで有名なドイツ人シンセサイザーマニア、Synthiefrauのクリップの典型的な構成だ。Juno 60やShulzeのシーケンサーと格闘しながら多数の映像をアップしてきたSynthiefrauことChrista Bachmannは世界中のシンセファンからカルト的な人気を誇っている。今回は彼女のインタビューをお届けする。

Emufucka Interview

第一回目は、昨年ニューヨークで受講したビーツ系プロデューサーのEmufuckaにインタビュー。

James Poyser on working with The Roots, Common, Erykah and Kanye

The Roots、D’Angelo、Common、Erykah Badu、Kanye Westなど錚々たるアーティストたちと優れた作品を発表してきたフィリーソウルを代表するプロデューサー/キーボードプレイヤーJames Poyserが自身のキャリアを振り返った。

2/26 RBMA RADIO ON INTER FM

Ralf Schmerberg Interview

Red Bull Music Academyの15周年を記念した長編ドキュメンタリー「What Difference Does It Make? A Film About Making Music」の監督 ラルフ・シューメルバーグ氏のインタビューを抜粋して紹介

Free Digital Release from 23:00, Feb 18th (JST) - WHAT DIFFERENCE DOES IT MAKE? A FILM ABOUT MAKING MUSIC

Red Bull Music Academyの15周年を記念した長編ドキュメンタリーの日本語字幕版を、このページで無料で配信しています。

Check Out This Collection of Ancient Analogue Synthesizer Literature

2/15 RED BULL MUSIC ACADEMY PRESENTS CAPTAIN VINYL@KIETH FLACK

2/15(土)福岡「KIETH FLACK」にて日本が誇るヴァイナルマスター、DJ NORIとDJ MUROによるレクチャー&パーティを開催。

lucy-stroboscopic-artefacts-special

新進イタリア人テクノプロデューサーが自身のレーベルStroboscopic Artefactsと そのサウンドについて解説する。

2/19 RBMA RADIO ON INTER FM

don-drummond-feature

Interview: The Cinematic Orchestra on “To Build A Home” and clearing samples

2/12 RBMA RADIO ON INTER FM

How to Build a 5,000 Year Old Instrument in Four Hours

Red Bull Music Academy presents Hyperdub 10 Report

1月31日(金)代官山「UNIT」にて[ハイパーダブ10周年スペシャル・パーティー]開催。Kode9によるレクチャーも。

2/5 RBMA RADIO ON INTER FM

1/29 RBMA RADIO ON INTER FM

Download: Various Assets NYC 2013

2013年5月、Red Bull Music Academyがニューヨークに上陸、そしてチェルシー地区にその拠点となるアカデミー特設会場が完成したのは開催の1ヶ月前であった。

1/22 RBMA RADIO ON INTER FM 

RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO 2014

参加者募集中! 1月15日(水)〜3月18日(火)まで

1/15 『RBMA RADIO ON INTER FM』ADRIAN SHERWOOD、CHRIS CHU (POP ETC) 、EMUFUCKA

音楽シーンに影響を与えてきたレジェンドからフレッシュなアーティストが出演。

What Difference Does It Make? A Film About Making MusicWhat Difference Does It Make? A Film About Making Music

Red Bull Music Academyの15周年を記念した長編ドキュメンタリー

LECTURE: DJ Spinn、DJ Rashad - MADRID 2011

境界線を打ち破る、Juke と Footwork

Lecture: Erykah Badu - Madrid 2011 (日本語字幕)

クイーン・オブ・ソウルが、ブレイクの切っ掛け、Dilla、そして、進化し続ける彼女のサウンドを語る

Sounds Like: Elektro Guzzi

エピソード4は、テクノの反復的なサウンドをリアルタイムにレイヤーしていく、ウィーンの3ピースバンド Elektro Guzzi

12/25『RBMA RADIO ON INTER FM』Silent Poets 2

20年以上世界水準の音楽を作り続けてきたSilent Poets、8年ぶりの新作に迫る

LECTURE : BOB MOOG Japanese Subtitles

シンセサイザーの誕生秘話から、自らがオシレーターやフィルターを解説し、音楽の未来への熱い想いを語る

SOUNDS LIKE: Tim Exile

エピソード3は、エクスペリメンタル エレクトロニック プロデューサー Tim Exile が Imogen Heap や蒸気機関車とコラボレーション

Synthesizers Now and Then "Sampling"

3回に渡ってお届けしたシリーズ番外編、サンプラー特集。The Beatlesが使用した磁気テープ式サンプラーMellotronから、デジタル・サンプラーの先駆的存在Fairlight CMI、その後のEmulator、MPC、デジタル・ドラム・マシンLinn Drum、著作権問題まで

12/18『RBMA RADIO ON INTER FM』Silent Poets

約8年ぶりに活動再始動したSilent PoetsことMichiharu Shimodaをフィーチャーする2週間

Live at Red Bull Music Academy Weekender Tokyo 2013

Henrik Schwarz Instruments、Damo Suzukiが披露してくれた、RBMA Weekenderのライブとその舞台裏を紹介するミニ音楽ドキュメンタリー

SOUNDS LIKE: TOKiMONSTA

『Sounds Like…』エピソード2は、LAを拠点とする"TOKiMONSTA"のベッドルームスタジオへ潜入

Sounds Like: BADBADNOTGOOD and Bootsy Collins

ミニ音楽ドキュメンタリーシリーズ『Sounds Like…』エピソード1は、カナダの3人組バンドBADBADNOTGOODとファンクレジェンドBootsy Collinsが登場

12/11『RBMA Radio on Inter FM』Disclosure

今年デビューアルバム『Settle』が全英初登場1位の快挙を成し遂げた兄弟デュオの生い立ち

Sounds Like Jp Trailer

X

Lecture: Debbie Harry and Chris Stein (Japanese Subtitles)

累計4,000万枚も売り上げたスーパーグループの成功と苦悩を語る

12/4『RBMA Radio on Inter FM』Swindle

UKが生んだグライム/ダブステップのニューヒーロー Swindle

Synthesizers Now and Then 3

シリーズ第3回目。キーボードプレイヤーを魅了した「ポリフォニック」、80年代後半デジタルの普及で、安価な中古が出回ったTR-808やTB303から生まれたハウス/テクノ、そして現代のデジタル・モデリング技術の発達〜アナログの再評価まで

11/27『RBMA Radio on Inter FM』Alex Barck

Sonar Kollektiv主宰Alex Barckが語るミュージックストーリー ベルリンの壁崩壊により得た音楽の自由とは

When Bootsy Collins Met James Brown

2人のクリエイティブなマインドが初めて出会った時にスポットライトを当てるシリーズ第4回。

EVENT REPORT : RBMA Weekender Tokyo 2013

“東京の文化的活動全般を巻き込むかのような四日間”を振り返る

11/20『RBMA Radio on Inter FM』Damo Suzuki

70年代にドイツへ渡り、音楽家集団CANでの活躍、そして今なお勢力的に音楽を奏でるダモ鈴木の今を聴く

londoney_clubs

x

11/13『RBMA Radio on Inter FM』Machinedrum

新作『Vapor City』が話題の奇才Machinedrumが語る音楽への想い

LECTUREbyRYUICHISAKAMOTO

LECTURE WITH SUBTILES

11/6『RBMA Radio on Inter FM』DJ HELL

ドイツ エレクトロニックミュージックシーンの雄、DJ HELLのミュージックストーリー

Red Bull Music Academy Weekender in Tokyo

Red Bull Music Academy Weekender in Tokyo

10/30『RBMA Radio on Inter FM』MOBY

フロントラインでダンスミュージックを作り続けるMOBYが音楽人生を語る。彼が信じる音楽の力とは?

Synthesizers Now and Then 2

シリーズ第2回目はシンセの低価格化がもたらした Depeche Modeらの"ニューウェーブ"、そしてサンプラー・ミュージックのはしり Art Of Noise!? CMソングでも知られるあの曲や不思議な音の出るシンセの映像を交えて70年代末〜80年代前半を紐解く

10/23『RBMA Radio on Inter FM』Miyake Jun

パリを拠点に活動する逸材、音楽家三宅純が音楽劇場へ。そして音楽を創り続ける理由に迫る。

We All Wanna Be Prince: Exploring The Purple One’s Impact on Dance Music

Prince以上にダンス・ミュージックにインスピレーションをもたらしたと言える者は少ない。Michaelangelo Matosがここに紹介するように、それはハウスとテクノの黎明期にまでさかのぼる。

10/16『RBMA Radio on Inter FM』Miyake Jun

音楽家への階段を登る三宅純の音楽物語

When Tony Allen Met Fela Kuti

2人のクリエイティブなマインドが初めて交わった時の出来事にスポットライトを当てるシリーズ第3回。

10/9『RBMA Radio on Inter FM』Steve Reich

巨匠の頭の中で音はどのように響いているのか

Beatles Engineer Ken Scott On Experimenting in the Studio (Sound Bites) with Japanese subtitle

レジェンド達がRBMAのレクチャーで残した貴重な言葉と、そのイメージを映像化したショートフィルム・シリーズ Sound Bites!

10/2『RBMA Radio on Inter FM』Lionel Loueke

名門ジャズレーベルBLUE NOTEが誇る天才ギタリストLionel Louekeへのインタビュー

PLAY, JAPAN! Vol 12 - Akiko Yano, Antonio Loureiro, Daisuke Tanabe

日本を代表するシンガーソングライター矢野顕子を2週に渡ってフィーチャー

Nightclubbing: Metalheadz at Blue Note

ロンドンのBlue Noteで行われていたドラムンベース史に残るクラブナイトをGoldieとMetalheadzの面々が語る

LCD Soundsystem's James Murphy On Mixing

レジェンド達がRBMAのレクチャーで残した貴重な言葉と、そのイメージを映像化したショートフィルム・シリーズ Sound Bites!

Sympler

Sympler

Studio Science: Patrick Pulsinger On Patching Modular Synths with Japanese subtitle

アーティストのサウンドの中核を担う機材を本人自らが紐解く映像シリーズ!

The End Of The World

2人のクリエイティブなマインドが初めて交わった時の出来事にスポットライトを当てます。